自分を武器にするための「強み」

JPBA認定講師の
商品設計&セールスコーチの
所司憲和(しょじのりかず)です。

昔の話になりますが
ビジネスをはじめて、
売上に困っていた時
すぐに売上に直結する何かがほしいと思ってました。

それは
Web制作
動画制作

デザイン
DCAD
など

いろいろ勉強して
技術を身につけても稼げなかったからです。

しかし、
自分より技術をもってなくても
稼げている人がいる。

この人と僕の違いはなんだろうと思いました。
いろいろやってわかったことは

稼げる人たちの共通点は
「強み」を「武器」としてることでした。

つまり、いくら周りからそれ強みだよと言われても
自分が認識してなければ、意味がありません。

ビジネスとは
相手に貢献することで、その対価をいただくこと
だと言われてます。

だから、
稼げてる人たちは、
自分の強みを認識し、
相手のために貢献するからこそ
対価として「お金」が発生するのです。

それこそが、稼げる
ビジネスを始める上で
自分の「強み」から「武器」にする必要があります。

「強み」とは、自分がラクにできること
「武器」とは、周りがないものを補完して貢献する

と定義してます。

強みから武器にするステップ

① 周りから言われる「強み」を書き出す
② 貢献したい相手を決める
③ ①「強み」から②「相手」に喜ばれるを選び「武器」にする

「強み」から「武器」変えるステップは

どうだったでしょうか?

ご自身の強みをビジネスに変えたいと思っている方は

一度、ぜひやってみて下さい

もし、終わって、商品について検討してる個人事業主の方は
メルマガで商品設計について詳しくお伝えしてますので
ぜひ、読んでみて下さい。
https://jpb.or.jp/shoji-norikazu/

The following two tabs change content below.
アバター
JPBA認定講師商品設計&セールスアドバイザー 1984年生まれ。北海道浦河出身。東証1部上場の電子顕微鏡メーカーにて、日本人で初めてフェラーリをデザインした方の設計責任者を経験。新規開発及び設計に従事(特許1件あり)。 2006年、地元である北海道浦河の過疎化を目の当たりにして、この現状をどうにかしたいと考え、地域の活性化とデザインとの組み合わせで地方活性を模索し、2015年、「地方の活性化」を理念にワンズラインを設立。代表に就任。同年、デザインスクール事業を開始。 2018年、地方をもっと活性化するために「地方を世界へ」をコンセプトに「ワンズライン合同会社」を設立。地域の魅力を世界に届けるためにWebブランディング事業を開始。 現在は個人の理念である「地域社会の発展」に貢献するためにワンズライン合同会社の経営と個人事業主向けに経営コンサルティング事業を行っている。

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム