売るのが怖いから抜け出す方法

JPBA認定講師の
商品設計&セールスコーチの
所司憲和(しょじのりかず)です。


先日、大阪に行った時に

洋服屋さんの前に
フルーツが売っていて
そんなお店みたこと無いし
ましてや、匂いなどがつく可能性があるのに
一緒に売ってるなんて・・・・

 

「商売根性逞しいな」
「見習わなかければな〜」と感心して
思わず写真を撮っていました。

 

それと同時にお客さんに
こんな相談をされたことを思い出しました。

 

「売るのが怖い!!」

 

大阪の洋服屋さんは
売るのが怖い!!なんて思ってないだろうな〜と(笑)

 

 

売らな!明日、生活できんわ!
なんて事返ってきそう!(笑)

 

その時の質問には、こう返しました
「お客さんに喜ばれる」
ことをしましょう!

「じゃあ、先にお金もらわずにやれってことですか?」
ということでもありません。

 

売るということ
お金をもうらということは
対価と貢献の交換だと
JPBAではお伝えしてますが

じゃあ、もっと具体的に言うなら

例えば、100万円の商品を売るという話の時に
なんの準備もなしに売れるかというと
難しいところがありますよね!

必要なのは
あなたのビジネスの方向性(理念)
お客さんを喜ばせることができる準備(商品)
お客さんが買った際にはここまで喜ばせることができます!(姿勢)

 

まず、これがあなたビジネスにはにあるのか?

今一度考えて見て下さい!
それでも怖いと思ったなら
それは、お客さんを喜ばせることができない
商品を見直す必要があるかもです。

The following two tabs change content below.
アバター
JPBA認定講師商品設計&セールスアドバイザー 1984年生まれ。北海道浦河出身。東証1部上場の電子顕微鏡メーカーにて、日本人で初めてフェラーリをデザインした方の設計責任者を経験。新規開発及び設計に従事(特許1件あり)。 2006年、地元である北海道浦河の過疎化を目の当たりにして、この現状をどうにかしたいと考え、地域の活性化とデザインとの組み合わせで地方活性を模索し、2015年、「地方の活性化」を理念にワンズラインを設立。代表に就任。同年、デザインスクール事業を開始。 2018年、地方をもっと活性化するために「地方を世界へ」をコンセプトに「ワンズライン合同会社」を設立。地域の魅力を世界に届けるためにWebブランディング事業を開始。 現在は個人の理念である「地域社会の発展」に貢献するためにワンズライン合同会社の経営と個人事業主向けに経営コンサルティング事業を行っている。

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム