頑張らないで単価を上げるためには

どうもじゃがいも先生です。

「法人契約が決まりました」
とFさんからご連絡いただきました。

 

単価を上げてから営業行くまで
「実績がないから不安です」
と言ってたフリーランスのFさん

そんなご報告をもらい
嬉しい限りです。

 

当初、
Fさん
「単価を上げたいけど・・・」
「上げるかわからない・・」


「わかりました」
「自分の時給今のわかりますか?」

Fさん
「わかりません」
「じゃあ、一旦、今の時給計算をしてみましょうか?」

時給計算する理由ですが
一回の仕事で10万円とか
月額30万円とか
もらってる場合が多く

自分の働いている時間をあまり
考えたことがない人が結構多いので

 

自分の現在の時給を計算して
現状を確認してもらう必要があります。

 

そして、そこから
どれくらい必要で
どれくらいが希望なのか?

本当はどうしたいのか?

確認していきます。

時給=現状の月収÷177(会社員の平均稼働時間)

 

Fさんの場合
1,800円ぐらい

ちなみに
上場企業の平社員の平均時給は
5,000円〜7,000円

中小企業の平社員の時給
3,000円〜5,000円

 


「どれくらいほしいですか?」

 

Fさん
「1万円以上はとりあえずほしいですね」

 

というと
単純に今のもらってる5倍はしないと
数値としては合いません。

 

ただここで
「じゃあ、単純に時給あげましょう」
と言ったとしても簡単に上がりません。

 

そこで必要なのは
商品の要素を明確にする事が
大切になってきます。

 

現状の商品の要素を分解することで
何が必要か明確になります。

 

<商品の要素>
商品=価値×顧客×収益性

 

要素を明確にしたところで
それぞれ考えなかればなりません。

 

1.【価値:商品内容】
社会や個人の生活が豊かになるものを

じゃあ、具体的に簡単に言うと
その人の人生を変える事ができるか?
ということです。
そのためにはご自身のもっているものを
すべて一旦書き出すことから始まります。

自分が最高のモノだと
思うものでなければ
高い商品は売れません。

そのために書き出してもらいます・

2.【ペルソナ:誰のための商品か】
もっとも価値を認めてくれる人に

理想のお客さんが誰なのか?
わからない方は、一度、いろんな人にあってみることで
決めやすくなります。

 

3.【収益性:商品価格】
最も高い値段で売れる商品を創る。

自分がほしいと思っている値段で
3つの値段が違う商品価格帯ものを用意します。
松竹梅が有名です。

Aコース:30万円
Bコース:10万円
Cコース:2万円
のような感じで商品ラインナップを
作ってみて下さい。

 

具体的なことについては
メルマガでお伝えしてますので
そちらをご覧いただければと思います。

The following two tabs change content below.
アバター
JPBA認定講師商品設計&セールスアドバイザー 1984年生まれ。北海道浦河出身。東証1部上場の電子顕微鏡メーカーにて、日本人で初めてフェラーリをデザインした方の設計責任者を経験。新規開発及び設計に従事(特許1件あり)。 2006年、地元である北海道浦河の過疎化を目の当たりにして、この現状をどうにかしたいと考え、地域の活性化とデザインとの組み合わせで地方活性を模索し、2015年、「地方の活性化」を理念にワンズラインを設立。代表に就任。同年、デザインスクール事業を開始。 2018年、地方をもっと活性化するために「地方を世界へ」をコンセプトに「ワンズライン合同会社」を設立。地域の魅力を世界に届けるためにWebブランディング事業を開始。 現在は個人の理念である「地域社会の発展」に貢献するためにワンズライン合同会社の経営と個人事業主向けに経営コンサルティング事業を行っている。

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム