fbpx

売上を計画的に下げる?!という経営方針

JPBAパーソナルビジネス経営コーチ
安次嶺 実奈子(あしみね みなこ)です。

 

これは、実際にあった話です。

「今年は、意図的に売上を下げるからね」と宣言した
経営者の方がいらっしゃいました。

 

意図的に売上を下げる・・・????

 

それは、経営者自身がプレイヤーから卒業し、
社員を成長させ、社長がいなくても
だれでも同じように稼げるように
なってほしいという経営者の想いと挑戦でもあるそうです。
また、経営側にシフトチェンジすると決めて
意図的に売上を下げているということでした。

 

そして、実際に売上は想定通り下がりました。

 

この経営者の方は、会社のロードマップを作成されていて
長期的に会社の目標を決めているので
自社の状況がどの位置にいるかを常に分析していて
次の段階に向けて前々から準備をされていたそうです。

 

準備は、お金や人材確保などです。

 

私には、とても衝撃的な出来事でした。

意図的に売上げを下げる会社があるなんて!!!

 

ビジネスは、行き当たりばったりで
上手く行くということは
ほとんどないです。

やはり、計画を立てないと
地図のない道を走っているような感じで
迷子になってしまいますよね。

 

JPBAの授業でもお伝えしていますが
今のビジネスをどこまで成長させるのか
最終目標は、どの範囲まで影響力を与えたいのか
ということを始めに宣言してもらっています。

 

始めに宣言してもらう理由としては、
目先のことを考えてビジネスをするのと
長期的な目標を持って、ビジネスをするのでは
進み方も計画も全て変わってくるからです。

お客さんは、誰なのか。
お客さんが喜ぶことは何か。
自社が提供できることは何か
他社との違いは何か
自社の強みは何か。
どこに、どのタイミングで広告を打つのか。
どんなネーミングで、お客さんを引き付けるのか。
どのタイミングで、社員を雇うのか
どのタイミングで、店舗を持つのか

など。全て決めないといけませんし、
ゴールを決めてから逆算していかないと
出口の見えない迷路にはまってしまいます。

 

ゴールからの逆算することは
ビジネスにおいては必須です。

 

ゴールを決めるとは

①期限を決める
②どうなるか決める

例)6か月以内に労働時間削減をして、売上を5倍上げる。

というような感じです。

いつまでに、どうなりたいかを明確に決めることです。

 

冒頭に紹介した経営者のように、計画的にビジネスをすることが出来れば
準備も前もってできますし、慌てなくてすみます。

 

このことができるのは「経営」をされているからですよね。

 

ここで、「経営」と「個人事業」の違いについて
私なりの解釈で説明させて下さい。

〇「経営」とは
事業を継続することで、経営者が変わっても、
会社が継続できる仕組みがあること。

〇「個人事業」とは
社長自らが現場で
仕事をし、社長が安心して休めず、
経営の仕組みがないこと。

 

どちらが良い悪いではなく、
ビジネスをしている方はこの違いを知っていた方が
いいと思いますし、自分でどうなりたいかを
決めることができますし、そこを決めることで
覚悟や責任の取り方が変わってくると思います。

 

お知らせ *安次嶺 実奈子の「メルマガ」はコチラから
シークレットのお茶会やランチ会、セミナーなどをご案内いたします。

→ https://jpb.or.jp/ashimine-minako/


*ラジオ番組を始めました!

みなこ先生の「モーニングビジラジ」
ラジオ局:FM那覇(78.0MHz)
放送時間:毎週月曜日(朝9:30分~10時)沖縄より生放送
ナビゲーター:安次嶺実奈子

*アプリを使うと全国で聞くことができます。
《FM那覇視聴方法》 → http://www.fmnaha.jp/listen-net/


*ラジオ番組へのコメントもお待ちしております
公式Facebookグループ内で、放送済みの番組本編を聴くことができます。
また、コメント欄に書いていただいた質問など、ラジオでご紹介いたします。
→ https://www.facebook.com/groups/417711225599177/?source_id=205042303376982

 

【仕事と家庭もどっちも大事!ママ社長のあなたへ】

*無料メール講座のご案内
5ヵ月で5倍の売上を上げたママ社長流!7日間メール講座

→ https://jpb.or.jp/ashimine-minako/

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
安次嶺実奈子

安次嶺実奈子

一般社団法人 日本パーソナルビジネス協会 JPBA認定講師 パーソナルビジネス経営コーチ 安次嶺 実奈子(あしみねみなこ) 創業40年の新築デザインカーテン専門店 近光インテリアの2代目経営者。 沖縄キリスト教短期大学を卒業後、保育士として勤務。家業である近光インテリア創業者の父親の病気が発覚し、大切な家族を守りたい一心から近光インテリアに事務員として入社する。 実際に入社してみると、「行き当たりばったりの経営」が行われていたため、何とか経営を立て直したいと思い、役員に就任し本格的に経営に参画。 しかし保育士という社会福祉業種から民間企業への転職、未経験の会社経営、悪化している財務状況など非常に苦しい経営状況が続き、3年連続赤字で状況は改善されることもなく、創業36年目で債務超過による倒産寸前に陥る。 打開策が見つからない中、JPBA代表理事の親川氏を知人より紹介される。今まで経営のことが全くわからなかったことで会社が危機に陥っていることを指摘され、親川氏の経営指導を受けることを決意し経営の基礎でもあるPBF®(パーソナルビジネスフレームワーク)を実践。結果、5か月で売上5倍を達成し、会社の成績は黒字となりV字回復を達成した。 現在は、新しい事業計画、経営アイデアによって固定費を6分の1に削減し売上を維持する経営戦略が成功。利益を大幅に増やすことができた。また、完全予約制で口コミや紹介などで県内だけではなく、県外からも顧客から選ばれるお店作りを実践している。 2016年インテリア産業協会主催のコンテストで、沖縄県初のインテリア産業協会 会長賞を受賞し、顧客からの問い合わせも増え、以前では考えられない「高価値、高単価での商品提供」「お客様に愛され選ばれる店づくり」「理念経営と理念を支える事業計画に乗っ取った未来が見える経営実践」などにより女性経営者として充実した毎日を送っている。 自信の体験から、会社も家庭も大切にしたいママ社長へ 「経済、心身共に「選べる人生」を送りたい女性に、経営力を提供し、笑顔で平和に満ちた幸せな家族が、溢れる社会創りに貢献する」 という「理念」のもと、ママ社長の頼れるパートナーとして売上アップと労働時間の削減をする為の経営の仕組み化を伝えている。 【現況】 近光インテリア 代表 http://www.design-curtain.jp/

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

LINE@、メルマガにて次回の講座情報や
経営コラム記事の更新をお知らせします。


友だち追加

経営力1Day講習はこちら

講座に参加する!