会社経営は人生経営

こんにちは。
理念設計&ブランディング講師の
三間 瞳(みま ひとみ)です。

 

熱い想いをもった経営者の方々とセッションなどで
ご一緒させていただくと、

 

会社経営って、人生経営だ

 

とつくづく感じます。

会社のことだけ、事業のことだけ、を
うまくやっていこう、なんてできないんですよ。

 

昔は、成功者は離婚するとか
家庭が崩壊しているとか

 

成功者の裏の顔じゃないですけど、
「仕事だけが成功している」っていうことが
ままあることだった気がしますが

 

今の時代、これからの時代は、
これがまかり通らないと思っています。

経営者は人生そのものを見られている。

 

なぜなら、
どんな風に生きているか、
それ自体が共感を呼ぶものだから。

 

特に女性はこの傾向が強くて
仕事だけと割り切って頑張れることはほとんどない。

 

たいてい、人は、
人生の何かが壊れたり失われる前に
ブレーキを踏んで二の足を踏んでしまうので

 

人生のどこかで躓きがあると、
突き抜けるほどまで行動できなかったり

せっかくいいところまで進んできたのに
途中でやめてしまう。諦めてしまう。

 

これは、「事業」だけに焦点をあてて
そのための事業をやる理由=事業理念だけを
考えていても、

 

それが自分の「どう生きるか」という人生観、
人として、個人としての「理念」に沿っていなければ

 

自己矛盾をしていくのでお客様に選ばれないか
売上としては向上していくのに苦しくなっていくとか
家族や大切な人との関係において破綻していくなど

 

人生全体の「経営」がおかしくなっていく。

 

 

あくまで、経営者個人としての「人生理念」を
達成する一つの手段としてある「事業」であり、「会社」なので、

 

「事業」ではなく
「人生」っていう大きな枠で考えていかないと
いずれどこかで綻びが出てくる。

 

 

さらには、
経営もステージにあわせて
より自分が何を望んでいるのかを
広く深く考えていく必要がある。

 

どんな会社にしたいか
どんなお客様を得たいか
お客様にどうなってほしいか
どんな従業員と一緒に働きたいか
従業員にどうなってほしいか

 

そういう意味では、

経営者は「自分に向き合い続けること」こそが
一番の仕事なのかもしれない、と
痛感する今日この頃です。

 

あなたは自分に向き合い続けていますか?

The following two tabs change content below.
三間 瞳

三間 瞳

JPBA認定講師 三間瞳(みまひとみ) 青森県青森市出身。一橋大学法学部卒業。ニューヨーク留学経験、IT企業の法務部門勤務を経て、2014年、日英翻訳・法務サービスのCross the World株式会社を設立、代表取締役に就任。 会社員時代から数々の新規プロジェクトに関わる中で、プロジェクト成功の鍵は、「ストーリー・ブランド」と経営理念をリンクさせることだと学び、2018年、「多様性を繋ぐ」をコンセプトに、経営者コミュニティ「First L Class」を運営。高級ホテルラウンジで広告なし9回連続満員御礼を達成。また、JPBA講師としても、理念設計とストーリー・ブランド創りの講座には、東京のみならず、青森、沖縄、海外からの受講者・受講希望者がおり、唯一無二のストーリー・ブランド創り、商品化に定評がある。

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム