【JPBA所司】売れる人は言葉を定義している

どうも
インスタグラムからリピート客を増やす
『サロンオーナーのための経営術』

JPBAパーソナルビジネス経営コーチ
所司 憲和(しょじ のりかず)です。

 

本日は、
セールスで売れる人は言葉を定義している
お伝えさせていただきます。

 

話は少し遡ることになりますが
4月になると僕が会社員2年目の事を

よく思い出します。

 

というのも半年の新人研修が終わり、
少し仕事になれ、後輩が入ってきて面倒みなきゃいけないとか言われて、
こっちは仕事にまだ慣れてないのに

後輩の面倒とか言われても「困る!」なんて

先輩として最低なことを思ってた時

上司から
「一年経ったし、お金ももらってるんだから」
「プロなんだから求めれた仕事以上のことをして」と言われ

会社員してて、まさかプロって言葉で
仕事を指摘するなんて思ってなかったから
びっくりしました。

 

「プロって何ですか?」

言われた時、「プロってと思いました」


僕としてはプロって言葉は

芸能人やアーティスト、スポーツ選手が使う言葉だと
当時、認識してたので
ホント、そこからその言葉に翻弄されました。

だからホントいろんな人に
いろんな人に「プロってなんですか?」
と聞いていきました。

今思うと面倒臭いやつだなと思いますが(笑)

その当時は、そんな余裕もなかったですから
なんであんなに余裕なかったのかと思いますが
なりふり聞いてました。

当時、プロフェッショナルという番組もやってましたが
番組で「プロフェッショナルとは」と聞いてるけど
有名人の言ってることは参考にならないと勝手に決めつけてました(笑)

聞いてわかったことは
プロの認識は本当に人それぞれ様々で
・言われて以上の事をする事
・注文を確実に実行する事
・一生懸命にやる事
などなど

人によって様々過ぎて
「プロって何さ!」
なんてイライラして

あの時を振り返ると
プロという言葉に正解を求めてたんだろうなと

で、プロってなに?
という言葉探しは会社やめる直前まで
僕の中では答えがでなかったです。

それわかったことは

定義するということは
行動を約束するということ

だとわかりました。

つまり、プロっていう言葉を
求められてるもの以上を出すことと定義したなら
自分自身がそれを行動しないといけない。

言葉に定義するという事は責任を持つことなんだと
そして、プロという言葉に正解を求めてたのは

行動に責任を持ちたくなかったんだろうなと(笑)
子どもでした

ちなみに、僕のプロの定義は
10求められたなら、10に+1できる人です。


定義することはビジネスで効果的

と本題まですごい遠回りしましたが
ビジネスをする上で
特にセールスの時に
言葉の定義をできていれば
売れるようになっていきます。

言葉を定義するということは
自分の行動を約束する訳ですから
自分の売る商品に対しても
約束するということです。

 

セールスに自信が持てないと
思ってる人はまず、自分が使う言葉を
定義してみるといいです。

 

使っている言葉、一つ一つ定義していき
メンターや上司がいるなら
まず、定義したことを聞いてみて、
違和感があったりすれば修正すればいいだけです。

 

正解はありません。

 

ぜひ、この話を踏まえた上で
物事を進めていただければ嬉しいです。

 

<仕事キャラタイプ診断>
あなたは何タイプ?を知りたい方は
簡易版診断、有料版診断があります。
ご連絡はコチラまで!!
→ https://support-jp.com/p/r/SSXEfmxy

※返信メールが無事に届きましたら連絡先が書いてあります。

次回セミナー(あなたの仕事キャラも無料診断します!)
名刺一枚で売れる[実践型セールス道場]オンライン勉強会
実践型セールス道場
2020年4月29日(水)
14:00〜17:00 Zoomオンライン
<第1部> 「自分にあった仕事キャラ戦略とは?」
<第2部> 「お客さんの未来を創造するためのセールス」
<第3部> 「実践型セールス道場とは」
事業主応援価格 5,500円→ 3,000円/事前予約

 


お知らせ
*所司憲和の「メルマガ」はコチラから
営業の質問も直接聞くことができます。
シークレットのお茶会やランチ会、セミナーなどもご案内いたします。
→ https://jpb.or.jp/shoji-norikazu
サロンオーナーのための経営術
① 営業の定義
→ https://wp.me/pa3o7Q-237

② 売るために必要な信頼
→ https://wp.me/pa3o7Q-24h

③ 未来を創造する顧客心理とセールス手順
→ https://wp.me/pa3o7Q-24j

④ 期待がクロージングにつながる
→ https://wp.me/pa3o7Q-24p

The following two tabs change content below.
アバター
JPBA認定講師商品設計&セールスアドバイザー 1984年生まれ。北海道浦河出身。東証1部上場の電子顕微鏡メーカーにて、日本人で初めてフェラーリをデザインした方の設計責任者を経験。新規開発及び設計に従事(特許1件あり)。 2006年、地元である北海道浦河の過疎化を目の当たりにして、この現状をどうにかしたいと考え、地域の活性化とデザインとの組み合わせで地方活性を模索し、2015年、「地方の活性化」を理念にワンズラインを設立。代表に就任。同年、デザインスクール事業を開始。 2018年、地方をもっと活性化するために「地方を世界へ」をコンセプトに「ワンズライン合同会社」を設立。地域の魅力を世界に届けるためにWebブランディング事業を開始。 現在は個人の理念である「地域社会の発展」に貢献するためにワンズライン合同会社の経営と個人事業主向けに経営コンサルティング事業を行っている。

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

LINE@、メルマガにて次回の講座情報や
経営コラム記事の更新をお知らせします。


友だち追加

経営力1Day講習はこちら

講座に参加する!