フロント商品設計で大切なこと

JPBA認定講師の
商品設計&セールスコーチの
所司憲和(しょじのりかず)です。


高単価商品を作った後に
作るものが、フロント商品だと
お伝えさせていただいてます。

 

フロント商品=集客商品といいます。
お客さんに「いいかも」って
お客さんに商品の良さを知ってもらうために


お試しで
「課題が本当に解決できそうか」
試してもらう商品です。

 

この商品(売ってる会社や人)は、
信用に値するかどうか、価格と価値を比べながら
厳しい目で一度見てもらい、 購入を決める商品になります。


そのため、まず、大切なことは

「お客さんを十分に満足」
させなければなりません。


例えば、
通販番組の<無料お試しセット>が

わかりやすいかと思います。

「使ってみたいけど、すぐに購入はハードルが高い」
「友だちといっしょに使って、相談したい」
「買う気はないけど、お試しならいいかも」
・・・と
お申込みがあれば「無料」や「格安」で、
または「もう一本サービス」で提供してくれます。

しかし、会社側からすると結構費用がかかってます。

 

商品にもよりますが、
6万円するものを
無料提供する物もあるようです。

 

つまり、赤字ですよね。

 

しかし、それでもやるというのは
フロント商品(集客商品)の
無料お試しセットを頼んだお客さんが
その後、
バック商品(利益商品)を買って
赤字を補てんできるからです。

 

つまり、
無料お試しセットさえ頼んでくれれば
全員とはいかないにしろ、
相当な確率で見込み客となって、
利益商品を買ってくれるということです。

 

だからといって、大手会社のように
そこまでお金をかけることはできません。

そこで目安として、
このような計算式で考えると
いいと思います。

 

バックエンド商品価格
=フロント商品×30倍
の場合、

バックエンド商品購入率は、
10%を目安に考える。
(弊社調べ)


ただし、一番考えてもらいたいのは、

理想のお客さんとフロント商品との<接点>です。

 

つまり、商品にまずは触れてもらうことが
何よりも大事になってきます。

フロント商品をつくる際、
ぜひ、考えてみてください。

The following two tabs change content below.
アバター
JPBA認定講師商品設計&セールスアドバイザー 1984年生まれ。北海道浦河出身。東証1部上場の電子顕微鏡メーカーにて、日本人で初めてフェラーリをデザインした方の設計責任者を経験。新規開発及び設計に従事(特許1件あり)。 2006年、地元である北海道浦河の過疎化を目の当たりにして、この現状をどうにかしたいと考え、地域の活性化とデザインとの組み合わせで地方活性を模索し、2015年、「地方の活性化」を理念にワンズラインを設立。代表に就任。同年、デザインスクール事業を開始。 2018年、地方をもっと活性化するために「地方を世界へ」をコンセプトに「ワンズライン合同会社」を設立。地域の魅力を世界に届けるためにWebブランディング事業を開始。 現在は個人の理念である「地域社会の発展」に貢献するためにワンズライン合同会社の経営と個人事業主向けに経営コンサルティング事業を行っている。

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

LINE@、メルマガにて次回の講座情報や
経営コラム記事の更新をお知らせします。


友だち追加

経営力1Day講習はこちら

講座に参加する!