アンケートを取るのは3つの意味がある

・東京開催

JPBA認定講師の

商品設計&セールスコーチの

所司憲和(しょじのりかず)です。

 
 

セミナーや勉強会、交流会など

アンケートをよく配ってることが多いいですが

アンケートをあまり活用してない方
もしくは、アンケートをとってない方もいたので
 

もしかしたらアンケートの
取る意味をしらないのかもしれないと思い

 

今回伝えさせていただこうと思いました。

 
それでは、アンケートの取る意味とは
大きくわかて3つあると思います。
 

3つの意味>

①提供しているサービスの質の修正、改善

これがアンケートの一番知られている理由です。

この内容によって、提供している内容を変えたりしていき

お客さんの満足度を上げていくのに使われています。

 
 

②信用の構築

お客さんの声をSNSWEB、カタログなど

あらゆる媒体に載せることで、新規のお客さんが

きたいと思わせれるようになります。

なので、アンケートをとったらそのアンケートは

お客さんが知れるようにすることが

大切になってきます。

 
 

③バックエンド商品に繋げるための窓口

お客さんにアテンドしない限り

お客さんは自ら興味あるとかはいってきません。

なので、アンケートの最後に

バックエンドにつながる

窓口を用意して置く必要があります。

それが、無料面談などになるかと思います。

 
いかがでしたでしょうか?
3つの意味を見て
アンケートをもっと活用しようと
思っていただればうれしいです
 

アンケートをうまく活用していない方は
ぜひ、一度試してみて下さい。

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

single