講師紹介

JPBA認定 高額商品設計講師

TAKUMI OTA太田匠

JPBA認定講師 太田匠(おおたたくみ)

JPBA認定 高額商品設計講師 高額商品設計講師
株式会社 泉文 代表取締役
1983年生まれ。山形県酒田市出身。実家は元は寿司屋で、寿司割烹職人の父、画廊を営んでいた祖父に育てられ、幼い頃から、和食や和食器の芸術性-シンプルさ、深さ、美しさ-に心惹かれ、審美眼を磨かれる。高校中退、フリーター経験後、高校に再入学後、東北公益文科大学へ入学および卒業。

在学中に、地域唯一の四年制大学でありながら、学生と地域住民が交わる機会が少ないことに疑問を持ち、学生と地域住民の交流機会を作るという理念を掲げ、大学祭の実行委員長を務める。例年赤字運営の大学祭を、自身が委員長を務めた年は、徹底的な予算の選択と集中、地元企業への積極的な営業により、盛況かつ黒字計上を達成。

小学生のとき、8つ上の兄が交通事故死したことをきっかけに、父が精神的ショックから寿司屋の表舞台に立てなくなり、2店舗経営していた寿司屋を負債を抱えて倒産した経緯もあり、自身は手堅い職に就かなければと思い、大学卒業後、コンクリート製品メーカーに入社し、東京支店で営業を担当。学校校舎、商業施設、マンション等の建設にあたるコンクリート杭の受注、製造、現場における施工実施管理業務を行い、大型施設建設におけるマネジメントを経験するものの、ストレス過多で、アトピーが治らなくなり、そのとき出会った、自然食品により完治したことに感動し、その自然食品販売店に転職する。

その際、自身の学びのために受けていた研修で出会った、フラワーデザイナーの太田文子(当時三竹)の生ける花、デザインする空間演出の才能に魅せられ、幼い頃に祖父や父から受け継いだ審美眼が触発され、彼女とともに、彼女が創るフラワーデザインで世界に感動を広げたいという想いが高まり、結婚と同時に、2012年に株式会社泉文に取締役として参画を決意。2016年より、全面的に経営を引き受けることとし、代表取締役となる。大学祭の経験とメーカー時代の営業と経理の経験から自信を持って経営を始めたが、経営が安定せず、2017年より親川政明氏に師事。自社の提供する価値を最大にする経営方法を学び、師事した3ヶ月後には平均月商の2倍の売上を達成する。

自身の体験からも、ビジネスの原理原則があれば、誰もが夢を叶えて豊かになれると確信し、父を見て来たことからも、ビジネスで目標を持った人が、職人技術だけではなく、稼ぐ力を持ち、経済的・精神的に豊かな人生を送るサポートをすべく、同社団法人に参加している。

【 現況 】
株式会社 泉文 代表取締役
SENBUN 花と空間デザイン
http://senbun.com

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加