西尾順の好き本シリーズ02

【西尾順の好き本シリーズ02】

今日の本:『デザインの輪郭』
著者:深澤直人(ふかさわ・なおと)

こんにちは。
日本パーソナルビジネス協会
理事の西尾順です。

今日の本:『デザインの輪郭』
著者:深澤直人(ふかさわ・なおと)
 
デザインという仕事を20年ほどやってますが、
やっぱりデザインって「哲学なんだなぁ」って思います。
 
デザインの最初は、センス、技術、オリジナリティ、に行きますが、
お客さんの「なぜ?」に対して応えていくと、
それぞれの価値観、考え方、モノの見方、生き方が見えてきます。
 
デザインそのものは、デザイン学校で教えてもらえます。
 
学生もまた、技術を欲しがり、表現力を高めていきますが、
卒業して、デザイナーになったら、途端に正解が見えなくなってきます。
 
自分のセンス(武器)だけでは歯が立たなくて、
プチ挫折を感じてしまいます。
 
そんな時、この本と出会いました。
 
深澤さんは、プロダクトデザイナーで、
+−0、無印良品、21_21 DESIGN SIGHT、
グッドデザイン賞審査委員などに関わっている人です。
 
この本で好きなのが、
「デザインは行為に溶け込んでいる」という部分です。
 
–以下抜粋(編集)–

デザイナーは、デザインをするために
モノをこねくり回して、デザインっぽくするが、
結局は使われないでオブジェになることがある。
 
人は、行為の中でデザインを楽しんでいる。
 
壁は、仕切るためでもあり、人によりかかるためでもある。
 
「付加価値」を求める人の期待に応えようとすると、
ふつうのことをやる人がいなくなる。
 
しかし、ふつうの中に価値はすでに存在している。
 
デザインとは付加価値を与えるモノではない。
 
「デザインは特別なものを、センスのいいものを、
きらびやかなものを作るための手法や技術ではない。
相手がなにを求めているかを知り、
相手の求めているものを見つけ、
相手の求めているものを作ることにより、
自分と相手双方が幸せになるための道である」

–以上–
 
デザインとは「価値を見直す《気づき》」という
ことに震えたのを思い出します。
 
しかし、今になって思えば、それは
ビジネス力を鍛えるのにも
役立っていたのかもしれません。
 
「日常にある“ふつう”はすでに価値を含んでいる。
 良い価値を見直す(気づく)ことで、
 相手の求めているものを作る。」
 
良い言葉ですねー。

デザイナーはもちろん。
それ以外の人にも読んで欲しいです。
 
注意:具体的な正解が書いてあるわけではないので、
やり方を探している人には向かないかも知れません。

————————–————————–
日本パーソナルビジネス協会
理事/企業顧問
西尾 順 / Jun Nishio

Amazonで有料販売中の
西尾順 著書
『クリエイティブ社長のための会社経営入門』
&トップ営業メルマガ講座を無料プレゼント!
<無料で受け取る>
https://jpb.or.jp/nishiojun_lp/

————————–————————–

The following two tabs change content below.
西尾順

西尾順

日本パーソナルビジネス協会(JPBA)理事/企業顧問。株式会社クールアンドクレイジー 代表取締役。S-BRAIN脳活用普及協会(S-BRAIN)理事。 理念「ビジネス、教育で社会を豊かにしたい経営者や企業と共に、子どもの可能性を最大限に開く社会づくり」を目指す。2007年に企業ブランディングとデザインの会社「株式会社クールアンドクレイジー」を設立。その後、5年間にわたり教育の現場として専門学校と大学で「企画デザイン・商品開発」の講師として教鞭を執る。日本のデザイン教育を世界へ輸出し、女性の活躍の場をつくるため構想10年かけて女性のためのデザインスクールとデザイン会社を同時に創立。その後、女性経営者に譲る。世界的な脳神経外科医師の篠浦伸禎氏に師事。脳科学から見た人の健康と教育について学ぶ。現在は、企業顧問としてデザイン、ブランディング、プランニング、営業、リーダー、帝王学、脳科学、教育学、経営学を使って「未来に向かう経営者の経営ビジョン」を多角的視点から助言している。

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム