5000人の相談

【5000人の相談】

こんにちは。
日本パーソナルビジネス協会
理事の西尾順です。

今やっている「企業顧問」という仕事は、
目指して進んだというよりは、
デザイナーだった私が、
いつの間にか経営者に相談されることが増えて、
やるようになりました。
 
相談人数は、
だいたい少なく見積もっても年間で500人くらい、
ここ10年で5000人くらいの話を聞いています。
 
1人平均2時間だとしたら、
年間1000時間、10年で1万時間は
人から相談されている計算になります。
 
そうやって聞くとすごい数ですね笑
 
約5000人ほどの方の相談を聞くと・・・
 
会社員でも、経営者でも、
働いている方の悩みは、
ほとんどが「働き方」についてです。
 
・忙しい(雇用や社内教育)
・時間がない(単価アップ)
・お金がない(資金繰り)
・仕事にやりがいを感じない(理念)
・嫌いな人がいる(人間学)
・面白くない など
 
実際の相談では、話を聞いた後に
いろいろ例え話をしながら、
問題を紐解いていくのですが、
イメージで言うと、人生の「時間」を奪われるイメージではなく、
人生の「質」が高まるイメージで話をするようにしています。
 
言葉って面白いモノで、
人によって定義やその言葉の周辺にあるイメージだったり、
その言葉への感じ方が違います。

褒めているつもりが、
相手を怒らせたりしちゃいます!

仕事という言葉もまた同じで、
会社員でも、経営者でも、人によって感じ方が違うように、
理想の働き方も違います。
 
特に3つのポイントはよく聞きます!

 
【今の仕事に対しての感じ方3つのポイント】

① 誰かの役に立っていると感じる仕事は「誇りとプライド」を感じて、
誰かにうまく使われていると感じる仕事は「ストレスと疲労」を感じます。
 
② 誰からの幸せのために戦う仕事は「正義感」が生まれ、
誰の幸せにも役立ってない仕事は「孤独感」を感じます。 
 
③ 仕事に未来を感じる人は「納得と成功」を信じて、
仕事にマンネリと我慢を感じる人は「病気」になります。
 
あなたは「どちらを強く感じますか?」と聞くと、
問題が見えてきます。

もちろん、直接的には聞けない方は、
ポイントを踏まえながら間接的に聞くのですが、
最終的には、自分のためだけでなく、
周りに【感謝と尊敬】を持って、
個人の理念と仕事(会社の理念)が繋がるように
生きがいや【やりがいのある未来】へ持って行くように意識しています。

ここで大事なのは、
人によって「正しい仕事」「正しい生き方」違うことです。
 
これは、チームワーク、チームプレーという話をする時にも話をします。
 
ばらばらが良いチームプレー、
同じ事をするのが良いチームプレー、
順番にするのが良いチームプレー、いろいろあります。
 
言葉の定義を考えると、
いろいろ見えてきますね。

————————–————————–
日本パーソナルビジネス協会
理事/企業顧問
西尾 順 / Jun Nishio

Amazonで有料販売中の
西尾順 著書
『クリエイティブ社長のための会社経営入門』
&トップ営業メルマガ講座を無料プレゼント!
<無料で受け取る>
https://jpb.or.jp/nishiojun_lp/

————————–————————–

The following two tabs change content below.
JPBA理事 西尾順
一般社団法人日本パーソナルビジネス協会(JPBA)理事/企業顧問。株式会社クールアンドクレイジー 代表取締役。これまで約5000人のリーダーの悩みを聞き、相談を伺う。多くのリーダーは「人・組織」と「経営」の2つの課題で悩んでいることに気づく。「人の課題」を解決するために、2015年から脳外科医の篠浦伸禎医師に師事を仰ぎ、脳から見た人間の成長や教育について勉強する。「組織と経営の課題」を解決するために、2008年から当協会代表理事のである親川政明氏に師事を仰ぎ、企業の組織成熟度に合わせた経営課題解決を学ぶ。著書に『会社経営入門「デザイン力×経営力」の教科書』がある。【Amazon】https://amzn.to/2kwkp46

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム