JPBA 代表理事 親川政明からのメッセージ|日本パーソナルビジネス協会

誰もが自分の人生の経営者。
誰もが自由に起業できる社会を。

独立起業して生き残るのは10社中に1社。
なぜ、リスクの高い起業・経営には自動車のように免許がないのか。
JPBA講師認定制度は「起業・経営」の運転免許ような存在でありたい。

今まで起業志望者や経営者から

「自分が全力を尽くせる事業・ビジネスが見つからない」
「事業・ビジネスを始めたが、継続できる形で経営できない」
「事業は順調だが、自分の時間が一切とれない。どうしたらいいのか」

そんな経営者の悩みを数多く聞いてきました。

これらの経営課題を克服するため必要なことは2つあると感じています。

1つ目は「社会に価値を提供し、貢献することで対価をいただく」という経営者としての「あり方」。

2つ目は「ビジネスを継続させ、拡大させていくための顧客獲得や資金繰りといった具体的な経営スキル」。

これらは両輪であり、どれか一つが欠けていると

「自分のビジネスなのにモチベーションが上がらない」
「やる気はあるけどお金がない、時間がない」

このようになりがちです。

これらは数多くの経営課題の改善事例を重ねて研究した結果、

「経営者マインド」と「経営スキル」の基礎を学ぶことで解決できる。

そう確信いたしました。

しかし、既存の教育制度や企業の社員研修ではこれらに対応することは非常に難しいことも私自身が経験しました。

よって、このJPBAは現在各地で行われている「コンサルタントによる起業スクールや経営勉強会」ではなく、社会インフラとして、起業・経営を学べる場を提供したいと考えています。

私にとっては10年後には10社中、1社しか生き残れないと言われている、リスクの高い起業や経営において私は免許制度がないこと自体が不思議でなりません。

自動車の免許を取るににも「座学」と「実技」があります。

JPBAカリキュラムに全て「実技」が入っているのは実際の経営現場において、または業務において即、問題解決できる人材を育成するという、メッセージが込められています。

よってこのJPBAはみなさんにとって、起業や経営にとっての社会インフラとしての教習所であり続け、JPBAカリキュラムを受講した経営者は全員が無事故で幸せな起業や経営を行ってほしいと考えています。

本協会を設立するにあたり、たくさんのご協力を尽力いただきましたみなさま、ありがとうございます。

本協会に関わるすべての人のビジネスの発展と、益々のご活躍を心より応援させていただきたいと思います。

平成27年4月1日
一般社団法人 日本パーソナルビジネス協会 代表理事

 

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加