お客さんに喜んでもらうための商品設計

「この商品は、ホントはこの価格で売りたいんですよね〜」

と言われることが多々あります。

 

「じゃあ、売りましょう。」

 

というと、

 

「いや、高くしたら売れなくなっちゃうから」

 

その気持はよくわかります。

しかし、一人起業家、個人事業主は
いろいろやることがありますよね。

 

営業もしなきゃいけない
集客もしなきゃいけない
商品も作らなければならない
見積もりも作らなければならない
請求書も作らなければならない
財務もしなきゃいけない

 

 

というように本当やることが多いですよね。

 

 

 

そんな中、売っても売っても
利益にならない商品を売り続けたら
疲れて、心が疲れてしまします。

 

 

 

そして、お客さんにもこう言われます。

 

 

「ちゃんとやってよ!!」

 

 

という話になります。

 

 

 

 

これだとお互い不幸になります。

 

 

 

だからこそ、商品設計では
大切な2つのポイントがあります。

 

 

①あなたのことを知ってもらう商品
②あなたも喜ぶし、お客さんも喜ぶ商品

 

 

にわけることを考える必要があります。

 

 

①あなたのことを知ってもらう商品

これを集客商品といいます。

 

 

具体的に言うなら
ドモホルンリンクルのお試しセットです。


参照先:再春館製薬HP

 

 

つまり、集客商品とはあなたのことを知ってもらう
広告なのです。

 

 

だからこそ利益を求めることはしないで
ただ、できるだけあなたの労力がかからないで
なおかつ効果が高いものを提供することが大事になります。

 

 

②あなたも喜ぶし、お客さんも喜ぶ商品

これを本命商品という人もいれば
バックエンド商品と言われるところもあります。

 

 

この時、商品価格を考えないといけません。
つまり商品を提供するあために必要な出費を計算しなければなりません。

 

 

作業時間+材料費+場所代+他

 

 

業種によって商品の原価価格は変わってくると思いますが
この原価価格を2割から3割に抑えることが必要になってきます。

 

 

そこから商品価格を決める必要があります。

 

 

そして、そのあとに
価格にあった、商品価値を作る必要あります。

 

 

 

この話は、次の機会にお話しようと思います。

 

 

 

また、この商品設計のお話をセミナーでお伝えします。

 

 

9月19日にセミナーを開催いたします。
ご興味のある方はぜひ!!

 

「セルフブランディング・高単価セールス」

JPBAオープンカレッジセミナー

https://jpb.or.jp/blog/seminar20180919/

The following two tabs change content below.
アバター
JPBA認定講師商品設計&セールスアドバイザー 1984年生まれ。北海道浦河出身。東証1部上場の電子顕微鏡メーカーにて、日本人で初めてフェラーリをデザインした方の設計責任者を経験。新規開発及び設計に従事(特許1件あり)。 2006年、地元である北海道浦河の過疎化を目の当たりにして、この現状をどうにかしたいと考え、地域の活性化とデザインとの組み合わせで地方活性を模索し、2015年、「地方の活性化」を理念にワンズラインを設立。代表に就任。同年、デザインスクール事業を開始。 2018年、地方をもっと活性化するために「地方を世界へ」をコンセプトに「ワンズライン合同会社」を設立。地域の魅力を世界に届けるためにWebブランディング事業を開始。 現在は個人の理念である「地域社会の発展」に貢献するためにワンズライン合同会社の経営と個人事業主向けに経営コンサルティング事業を行っている。

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム