【JPBA西尾】水をこぼされた時に見える本性

・西尾 順 経営コラム

【コラム記事】

水をこぼされた時に見える本性
普段やらないことを「あえてやる」

こんにちは。
日本パーソナルビジネス協会
理事の西尾順です。
先日、番組を見ていて思わず
メモを書いてしまった言葉です。
それは、タレントの伊集院光さんが
実体験として語っていたのですが、
自分自身も「気をつけないとな」っと
思ってしまいました。
(伊集院さん)
「いろいろと女優さんに会ってきたけど、
 スタッフに水をこぼされた時に
 その人の本性が見えてきますよね」
① 怒る人
② 知らないふりをする人
③ 自分だけの所を拭く人
④ 大丈夫?って聞く人
⑤ 逃げる人
スタッフに怒る人もいれば、
自分だけ片付ける人もいる。
どんなにキレイな女優さんでも
その人の本性はそういう時にでるんですね。

この話を聞いたとき、
私自身に自問自答しました。
「自分はどうなんだろう」
それは、番組を見ているわたしだけでなく、
出演者全員が「自分は大丈夫かな?」と
表情が凍り付いたのを覚えています。
最近では、スマフォを片手に
無視するのが当たり前なのかも知れませんが、
機転を利かせてパッと動く人を見ると
尊敬のまなざしで見てしまいます。
「犬好き、猫好きに悪い人はいない」とか
言ったりしますが、
何か問題が起きたときにとっさに
フォロー出来る人に悪い人はいない気がします。
・何かをなくしたとき、一緒に探してくれる。
・飲み会の場所を探して、幹事を引き受ける。
・帰り際に忘れ物はないか、机の下など見てくれる。
・セルフ店でお水やイスを持って来てくれる。
・床に落ちているゴミを拾ってくれる。
めんどくさい、ゆっくりしたい、
ツライ、苦しい局面にこそ、
確かに、その人の本性が出ますよね。
この話を聞きながら
友人から聞いたある言葉を思い出しました。
有名な【マズローの5段階欲求】で
承認欲求から自己実現の欲求へ達成するために
超えられない壁があるそうです。
(図の「●」部分)

その壁を越えるためには・・・
普段やらないことを「あえてやる」ことで
超えられるそうです。
自分のためならやれることも、
他人のためだと急にできなくなります。
どんなにキレイな女優さんでも
どんなに成功している経営者でも
高級品やビルを持っている人でも
苦しい局面で他人のために
何ができるのか?
何をするのか?
その人の本音が見えてきます。
————————–————————–
日本パーソナルビジネス協会
理事/企業顧問
西尾 順 / Jun Nishio

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

single