【JPBA西尾】人の心を動かすためには、特別な時間を届けること

・西尾 順 経営コラム

【コラム記事】

人の心を動かすためには

特別な時間を届けること

「大事にしています」というメッセージ


こんにちは。
日本パーソナルビジネス協会
理事の西尾順です。

海外では、リーダーとして
パーティーなどで「ホスト」になって
お客さんを “もてなす”

という授業があるそうです。

「特別な時間を作り、喜んでもらう」
ということが、
なぜリーダーに必要なのか?

今日は、リーダーの心得として
「人の心を動かす」話をしたいと思います。


都内に、箱根の源泉湯を
わざわざ運んだお風呂で有名な
ホテルがあります。

敷地内に一歩入ると、坪庭があり、
静かで、ゆったりとした空間と、
天ぷらが有名な割烹料理のお店があります。

普段は、宿泊客しか入店できないのですが、
前もって予約すると、
ランチだけでも楽しむことができます。

本日は、社長さんをお呼びして
この料理屋さんでコースを楽しんで見ました。

お呼びした社長さんは、
コンサルタントをしている男性の方です。

最近、仕事が忙しくイライラしていた社長さんは、
席に着くなり、矢継ぎ早に “仕事の話” をしてきました。

「もっとこうしたら売上が上がる」
「集客システムを考えると・・・」
「今のビジネスのボトルネックは・・」

そんな仕事の話は少し横に置いて、
なるべく、楽しい話をしながら
リラックスしてもらいます。

今日という特別な時間を作るために

●特別な場所を予約し、
●クリーニングした特別な服を着て、
●特別なプレゼントを持って、

ホストとして
最大限のおもてなしをしました。

・・・次第に心がほどた社長さんは、
1時間ほどのランチでしたが
心が元気になったようです!

プレゼントも喜んでもらい、
最後は、明るい声で
「また会いましょ!」と言って
帰って行きました。

人の心って不思議なもので
仕事、仕事、仕事、っと「仕事」のことばかりを考えていると、
だんだん心が固くなって、動きも悪くなります。

そして、ビジネスアイデアも出なくなり、
営業も空回りして、上手く行かなくなります。

「顧客のことを考えられず、
 特別な時間を誰かのために作れない人は、
 人の心を動かすことはできません」

企業顧問として、今回、社長さんには、
最近、忙しくてイライラしている心を
少しでもリラックスしてもらい、

顧客のために特別な時間を作れる人になって欲しいと、
まず、特別な時間を共有させていただきました。

一番大事なメッセージは、

【あなたのことを大事にしています】

ということが伝わることです。

もしも、営業が苦手、プレゼンが苦手という方は、
目の前の顧客のために、特別な時間を作って上げてください。

たとえ、営業やプレゼンが上手く行かなくても、
伝えたい気持ちは、ちゃんと伝わります。

[su_divider top=”yes” text=”” style=”default” divider_color=”#999999″ link_color=”#999999″ size=”3″ margin=”15″]
[su_label type=”default”]お知らせ[/su_label]

「経営の教科書」 1,628円 → 無料プレゼント!
※書籍をダウンロードされた方に、
シークレットのランチ会や勉強会のご案内をお送りしています。
↓↓↓↓
https://jpb.or.jp/nishio-jun/

Podcast「ビジネス100の視点」
●ビジネスパーソン向けラジオ番組
↓↓↓↓
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/id1488260345

————————–————————–
日本パーソナルビジネス協会
理事/企業顧問
西尾 順 / Jun Nishio

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

single