【JPBA西尾】あなたの会社名の由来を教えてください/理念経営のはじめ方

【あなたの会社名の由来を教えてください】
会社名に自信がありますか?

こんにちは。
日本パーソナルビジネス協会
理事の西尾順です。

これは私の失敗談です。

「あなたの会社名の由来を教えてください」

え!そんなこと聞かれるの?
それは起業して3日目のことでした。

1999年、
私が22歳の時に、一番最初の会社を起業しました。

その名は、

「ニシオエンタープライズ」

起業を相談した3人の方が
たまたま同じ会社名を提案してきたので、
便乗して適当につけた名前でした。

あと、アメリカのSFテレビドラマ『スタートレック』が
好きだったこともあり、「エンタープライズ号」から
「なんか良い感じ♪」
ノリでつけてた適当な名前です。

会社を作って、仕事を作るではなく、
仕事を作って、会社を作ったので、

社名にこだわりがなく、
「なんでその名前にしたの?」と聞かれるたびに
返答に困ったのを覚えています。

「ああ、会社名はちゃんと考えないといけないんだね」っと
本当に後悔したのを覚えています。

2005年、28歳の時に2度目の会社を立ち上げました。

前回の失敗から学び、
起業準備は4年前から、
会社名は1年前から考えて、
1年間フリーランスで試運転をした後、

コンセプトにコンセプトを重ねて作りました。

2度目の会社名は、

「クール・アンド・クレイジー」

というブランディングとデザインの会社です。

クールは
・カッコイイ
・常識的
・機能的
・左脳
 
クレイジーは
・おもしろい
・非常識
・インパクト
・右脳
 
デザインという「創る行為」は、
機能的でカッコイイだけでも、魅力がないし、
おもしろくてインパクトだけでも、意味がない。
 
デザインに必要なのは、
その二つが交わった先の
「クロスオーバーが大事なんだー!」っと
コンセプチュアルにつけた名前です。
 
ちなみに「クロスオーバー(Crossover)」とは、
Jazzの音楽用語で
【ジャンルの垣根を乗り越えて融合させる】
という意味です。

会社名は、自分の分身のようなものです。

起業したら必ず聞かれます。
名刺交換や海外に言ったら必ず聞かれます。

「おもしろい会社名ですね」
「変わった会社名ですね」

たとえそう言われても、
誰かの言葉ではなく、
目指すべき信念のある名前をつけて
初心に返り、心が燃えるように熱くなるので、
今ではよかったっと思っています。

————————–————————–
日本パーソナルビジネス協会
理事/企業顧問
西尾 順 / Jun Nishio

Amazonで販売中!
『クリエイティブ社長のための会社経営入門』
▶下記より無料プレゼント!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
https://jpb.or.jp/nishio-jun/

西尾「デザイン力×経営力」の教科書_amazon

The following two tabs change content below.
JPBA理事 西尾順
一般社団法人日本パーソナルビジネス協会(JPBA)理事/企業顧問。株式会社クールアンドクレイジー 代表取締役。これまで約5000人のリーダーの悩みを聞き、相談を伺う。多くのリーダーは「人・組織」と「経営」の2つの課題で悩んでいることに気づく。「人の課題」を解決するために、2015年から脳外科医の篠浦伸禎医師に師事を仰ぎ、脳から見た人間の成長や教育について勉強する。「組織と経営の課題」を解決するために、2008年から当協会代表理事のである親川政明氏に師事を仰ぎ、企業の組織成熟度に合わせた経営課題解決を学ぶ。著書に『会社経営入門「デザイン力×経営力」の教科書』がある。【Amazon】https://amzn.to/2kwkp46

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム