fbpx

【JPBA西尾】4Pとポジショニング。自社の強みを言語化する

【コラム記事】

4Pとポジショニング

自社の強みを言語化する

「競合よりも何が強みなのかを言葉にする」


こんにちは。

日本パーソナルビジネス協会
理事の西尾順です。

今日は、皆さんの会社や商品の強みを
もう一度、見直すために
おさらいとして
4P戦略とポジショニングについて
お話ししたいと思います。

というのも、
社長自身の立ち位置や
商品の立ち位置を
言語化したり、

競合との優位性は何か?

なんてことを聞かれたときに、
「あれ、なんだったけ?」っと
悩んでしまうことがあるからです。


っと、その前に、企業の4Pについて

お話ししたいと思います。
社長自身がなぜこの会社をしているのかも、
あわせて考えて見てくださいね。

自社の優位性を確かめるために、
マーケティングでは、「4P」というのがあります。

・Product(プロダクト):製品

・Price(プライス):価格

・Place(プレイス):流通

・Promotion(プロモーション):販売促進

この4つの頭文字を取って通称「4P」と言います。

これは具体的に戦略を展開する際の
代表的な4つのことです。

さらに詳しくお話しすると・・・

Product(プロダクト):製品
商品やサービスという企業の利益を生み出すものです。
お客さんのニーズを満たし、問題を解決する必要があります。
笑顔になるために、なにが必要なのか。
企業が社会に必要な理由でもあります。

Price(プライス):価格
市場で販売する価格のことです。
利益よりもお客さんに知ってもらう商品や
より必要なお客さんのための商品など、
お客さんの必要度に応じて価格が変わります。

Place(プレイス):流通
商品をどうのように市場に流通させるのか、
流通経路(販路)や顧客が商品にアクセスできる場所として、
受注から販売までインターネットで完結させる方法もあります。
売っている場所によって、商品に対してのイメージも変わります。

Promotion(プロモーション):販売促進
広告やCM、ポスターや店頭のPOPなど、
商品を必要としているお客さんに、
いかに商品を認知してもらうか。
商品や商品情報と顧客との接点を増やす活動です。
イベントやメルマガ、ブログなどもプロモーションの一つです。


この4Pは、どんな会社にもある4つの戦略です。

強くしたり、弱くしたり、
企業の成長に応じてどれかは行っています。

これが決まってから、
次に具体的に進める前に
決めておきたいのがポジショニング》です。

上記の図は一般的な
ポジショニングステートメントです。

①【製品名】は、
②【ライバルの主な利点】を提供する
③【主なライバル】とは異なり、
④【理想のお客さん】のために
⑤【主な利点】を提供する
⑥【カテゴリー】である

このように、
商品を整理すると
もしもお客さんに聞かれても、

競合と何が違うのか、
カンタンに説明することができます。


でも、少し難しいので、

例題で説明していきましょう!


例1)ハーレーダビッドソンの場合

①  ハーレーダビッドソンは、
   アメリカで
   個人の自由が弱まりつつある時代に
②  仕事や生活で使うバイクではなく、
③  カウボーイの仲間に加わりたい
④  タフガイ(タフガイ志望者)のため
⑤  大きく、やかましいオートバイをつくる
⑥  唯一のオートバイ製造会社

どうでしょうか?
こうやって書くとわかりやすいですよね。

興味のない人からすれば、
ただの重い、鉄の塊で、
振動もある “うるさい” バイクですが、

理想のお客さんからすれば、
周囲に自慢したくなる
ライフスタイルを豊かにするバイクとなります。

もう1つ、例題をご紹介したいと思います。
こちらは、わたしが数年前に立ち上げた
女性向けのデザインスクールのポジショニングです。

例2)コペンカレッジの場合

①  コペンカレッジは、
②  将来の収入のために
   デザインを学びたい女性が

③  教科書をなぞるだけのスクールではなく、
④  生活の豊かさを目指すため、

   かわいい好きのセンスを活かして
⑤  実践的に仕事と勉強を同時にかなえる

⑥  女性のためのデザインスクール

このスクールを立ち上げるに当たり、
10年間ほど研究したので、
当時つくったポジショニングステートメントが
いまだに残っていました。


現在は、女性経営者に譲ってしまいましたが

興味のある方(理想のお客さん)に刺さる
言葉になっていると思います。


ここで、大事なことは、
お客さんから見て、
商品について何も知らない状態でも、

「これ、わたしのための商品だ!」
「もっと知りたい!」

と言われる商品であり、説明になっていることが
大事なポイントとなっています。


さて、あなたの企業や商品は
お客さんに刺さる商品になっているでしょうか。

お時間ある方は、頭で考えるだけでなく、
紙に書いて、落とし込んで見てくださいね。



お知らせ

「経営の教科書」 1,628円 → 無料プレゼント!
※書籍をダウンロードされた方に、
シークレットのランチ会や勉強会のご案内をお送りしています。

↓↓↓↓
https://jpb.or.jp/nishio-jun/

Podcast「ビジネス100の視点」
●ビジネスパーソン向けラジオ番組
↓↓↓↓
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/id1488260345

————————–————————–
日本パーソナルビジネス協会
理事/企業顧問
西尾 順 / Jun Nishio

The following two tabs change content below.
JPBA理事 西尾順

JPBA理事 西尾順

JPBA理事/経営幹部リーダー育成・企業顧問一般社団法人 パーソナルビジネスビジネス協会
一般社団法人日本パーソナルビジネス協会(JPBA)理事/経営幹部リーダー育成・企業顧問。株式会社クールアンドクレイジー 代表取締役。これまで約5000人のリーダーの悩みを聞き、相談を伺う。多くのリーダーは「人・組織」と「経営」の2つの課題で悩んでいることに気づく。「人の課題」を解決するために、2015年から脳外科医の篠浦伸禎医師に師事を仰ぎ、脳から見た人間の成長や教育について勉強する。「組織と経営の課題」を解決するために、2008年から当協会代表理事のである親川政明氏に師事を仰ぎ、企業の組織成熟度に合わせた経営課題解決を学ぶ。著書に『会社経営入門「デザイン力×経営力」の教科書』がある。【Amazon】https://amzn.to/2kwkp46

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

LINE@、メルマガにて次回の講座情報や
経営コラム記事の更新をお知らせします。


友だち追加

経営力1Day講習はこちら

講座に参加する!