【JPBA西尾】「絵と音楽とことば」の表現の違い。人は…遊び、自己表現する動物

【コラム記事】

「絵と音楽とことば」の表現の違い

人は…遊び、自己表現する動物


こんにちは。

日本パーソナルビジネス協会
理事の西尾順です。

営業やプレゼンの現場、
経営の話や仕事の話など、

真面目に打ち込んだり、
一生懸命、頑張ってたりしていますが、

大人も、子ども、 
行き着くところは・・
 
結局は「遊びたい」し「表現したい」
動物だと思っています。

極端かも知れませんが、
ユーチューバーでも、
デザイナーでも、
ビジネスパーソンでも、
経営者でも、
 
自己表現の一つとして
仕事を選び、それがかなわなくなり、
お金だけで仕事をすると
「やりがい」や「生きがい」を失い、
病気になっていくのではないかと考えています

ここでいう仕事=遊びとは、
適当に仕事をしているということではなく、

本気で好奇心をもって
仕事しているということです。

もしも、その仕事が「遊び」として
常に楽しくて、誰かの役に立っていて、
好奇心をかき立てるモノなら、
人は、悩まずに勝手にやってると思います。


しかし、人は悩みます。

そこで、「そもそもの表現って何かな?」っと
代表的な3つの表現について違いを考えて見ました。

その3つの表現とは・・・

1.音
2.絵
3.ことば

の3つです。

表現っていろいろあるけど、
その違いを知らずに表現している人が多いように感じますし、
それを踏まえた上で、実現したいライフスタイルなど

達成したいキャリアの話になっていきます。
(※自身が必要とされている理由につながります)

子どもに、白紙の紙を渡しても
何も書けない(描けない)。
 
これはわたしが、実際に専門学校や大学で教えていたときも
「自由に」と紙を渡したときの話です。

大抵の子どもは、過去のパターン
(ドラえもんなどのイラスト)を
描いてきます。
 
私たちは、
モノを作ったり、表現したりできるのは、
実際に前もって取り込んだ体験や、
イメージや手本、みほんを吸収して、
それを組み替えたり、ズラしたりいます。
 
そこで、なにを吸収し、
なにを表現しているのか
3つの違いを話していきましょう!


1.音楽とは・・・
感情

メロディやハーモニー、リズムが
時間と共に感情を上下し、

聞いている私(主観)が推移している表現。

心を動かす表現には「音楽」が必要。
自分の心を動かし、相手の心を動かしている


2.絵画とは・・・
客観性

対面することで、
常に向かい合う現在と私の思考。


モナリザの絵があれば、そこに女性がいて、

絵と向かい合っている私という現在は、
様々なモノを私の過去経験と照らし合わせて
読み取ろうとする。

時間を切り取り、強調するために「絵」が必要。

経験を見える化し、相手の経験へ結びつけている


3.ことばとは・・・現実を切り取る

現実を流れている時間を切り取り、

言葉の周りにある共通の世界観で、
聞く人、読む人に思考を伝える。

ちょっと難しくなってしまったので、
例題を踏まえて説明したいと思います。
  
たとえば、「カレーライス」があったとします。

音楽の場合:
カレーライスという「曲」があるとして、

刺激的とか楽しそうとか、感情は伝わるけど、
それが食べ物なのか、風景なのかわからない。

絵画の場合:
カレーライスという「絵」があるとして、
食べられそうとか、美味しそうとかは分かるけど、
実際に食べられるのか分からないし、
過去にカレーライスを食べたことない人は、
そもそも「ただの茶色と白とスプーン」。

ことばの場合:

カレーライスという「言葉」があるとして、
「昨日、カレーライスを食べた」という
事柄を伝えることができるけど、
カレーを見たことないし、
食べたことのない人はカレーがどんなモノなのか分からない。
また、ウキウキしたのか、楽しいとか、感情までは伝えきれない。
 
こうやって、表現の違いを比べると面白いですね。
意外に、分からないで使っていたり、
だから、その表現が必要なのか、理由を知ることができます。

では、「映像」とはなんでしょうか?

映像とは・・・音楽、絵画、言葉、
その全ての表現が入っているものになります。

インディー音楽で刺激的な曲が流れて、
ターバン巻いた人がカレーライスを持ってきて、
「おいしいカレーです」って言ったら、
一発で伝わります。

なので、
ユーチューバーは、映像で表現し、
デザイナーは、絵や言葉で表現し、
ビジネスパーソンや経営者は、
商品やサービスを
紙やことばで表現して売上に結びつけています。

では、遊びや自己表現の先の
お金だけの仕事でなく、
「やりがい」や「生きがい」があり、
常に楽しくて、誰かの役に立っていて、
好奇心をかき立てる仕事とはなんでしょうか?

それは次回、別の機会にお話ししたいと思います。



お知らせ

「経営の教科書」 1,628円 → 無料プレゼント!
※書籍をダウンロードされた方に、
シークレットのランチ会や勉強会のご案内をお送りしています。

↓↓↓↓
https://jpb.or.jp/nishio-jun/

Podcast「ビジネス100の視点」
●ビジネスパーソン向けラジオ番組
↓↓↓↓
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/id1488260345

————————–————————–
日本パーソナルビジネス協会
理事/企業顧問
西尾 順 / Jun Nishio

The following two tabs change content below.
JPBA理事 西尾順

JPBA理事 西尾順

JPBA理事/経営幹部リーダー育成・企業顧問一般社団法人 パーソナルビジネスビジネス協会
一般社団法人日本パーソナルビジネス協会(JPBA)理事/経営幹部リーダー育成・企業顧問。株式会社クールアンドクレイジー 代表取締役。これまで約5000人のリーダーの悩みを聞き、相談を伺う。多くのリーダーは「人・組織」と「経営」の2つの課題で悩んでいることに気づく。「人の課題」を解決するために、2015年から脳外科医の篠浦伸禎医師に師事を仰ぎ、脳から見た人間の成長や教育について勉強する。「組織と経営の課題」を解決するために、2008年から当協会代表理事のである親川政明氏に師事を仰ぎ、企業の組織成熟度に合わせた経営課題解決を学ぶ。著書に『会社経営入門「デザイン力×経営力」の教科書』がある。【Amazon】https://amzn.to/2kwkp46

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

LINE@、メルマガにて次回の講座情報や
経営コラム記事の更新をお知らせします。


友だち追加

経営力1Day講習はこちら

講座に参加する!