経営者の右腕のつくり方

【経営者の右腕のつくり方】

こんにちは。
日本パーソナルビジネス協会
理事の西尾順です。

よく
「経営者の右腕のつくり方」について
聞かれるので、少しその話に触れようかと思います。
 
脳科学、経営、教育の話をしていると、
社員教育や管理職、幹部候補や社長の右腕になる人を
どうやって育てたらいいのかを相談されます。
 
候補として紹介される人の特徴として、
・社長の信頼がある
・真面目で実直
・ビジネス以外の技術や専門的な知識がある
・業務として完璧
・優しそう

でも

・イマイチ自信がなさそう
・イマイチ元気がない
・周りからの信頼がなさそう
・身だしなみがちぐはぐ
・ビジネスの知識に不安がある
・周りを巻き込まず、1人でやってしまう
 
という方が多いです。
 
人柄は最高なのですが、
右腕として社長の代役は務まらないのが
はじめて会った方にも伝わってしまいます。
 
さて、皆さんならどうやって右腕にしますか?
 
私がオススメしている最初のステップは・・・
「役職名を変えて、名刺を作り替える」
ことをオススメしています。
 
とくに男性は、
役職が上がると自然と意識もあがる方が多くて、
まわりの期待を明確に定義して意識させることで、
マインドアップにつながります。
 
次に、本人がどうなりたいのか、
社長がどうなって欲しいのか、
という互いの意見をすりあわせして、
自信を作るために、
ビジネスの技術と知識を身につけてもらい、
行動や業務の数値化でボトルネックを探して
改善方法を考えてもらい、
行動して、周りから感謝をもらう。。っと
進んでいきます。
 
事例としては、
健康サプリの営業部長だった方の肩書きを変えて、
副社長になってもらい、
理念、営業、プロフィール、身だしなみ、
ビジネススキル、ブランディング、などを
半年間伝えたら、1年後、社長を譲り受けて、
無事に2代目になることができました。
 
脳から言うと、
左脳2次元を鍛えて、技術や知識を磨いてもらい、
身についた技術や知識で、人から感謝をもらい、
右脳2次元が来たられて、自信を身につける。
身につけた自信をさらに成長させるため
右脳3次元を使って、アイデアを考えて行動。
最後に左脳3次元で、結果を分析して、
半分の時間とお金で同じ結果を出すために
質を上げる。・・そして、また技術や知識の研究へ
 
っとまわっていきます。
 
これを【ブレインPDCA】と私が勝手につけましたが、
人の成長は左回りに進んでいくことが重要なポイントです。

————————–————————–
日本パーソナルビジネス協会
理事/企業顧問
西尾 順 / Jun Nishio

Amazonで有料販売中の
西尾順 著書
『クリエイティブ社長のための会社経営入門』
&トップ営業メルマガ講座を無料プレゼント!
<無料で受け取る>
https://jpb.or.jp/nishiojun_lp/

————————–————————–

The following two tabs change content below.
西尾順

西尾順

日本パーソナルビジネス協会(JPBA)理事/企業顧問。株式会社クールアンドクレイジー 代表取締役。S-BRAIN脳活用普及協会(S-BRAIN)理事。 理念「ビジネス、教育で社会を豊かにしたい経営者や企業と共に、子どもの可能性を最大限に開く社会づくり」を目指す。2007年に企業ブランディングとデザインの会社「株式会社クールアンドクレイジー」を設立。その後、5年間にわたり教育の現場として専門学校と大学で「企画デザイン・商品開発」の講師として教鞭を執る。日本のデザイン教育を世界へ輸出し、女性の活躍の場をつくるため構想10年かけて女性のためのデザインスクールとデザイン会社を同時に創立。その後、女性経営者に譲る。世界的な脳神経外科医師の篠浦伸禎氏に師事。脳科学から見た人の健康と教育について学ぶ。現在は、企業顧問としてデザイン、ブランディング、プランニング、営業、リーダー、帝王学、脳科学、教育学、経営学を使って「未来に向かう経営者の経営ビジョン」を多角的視点から助言している。

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム