【JPBA西尾】問題解決のストーリー(空、雨、傘)/理念経営のはじめ方

・西尾 順 経営コラム

【問題解決のストーリー(空、雨、傘)】

こんにちは。
日本パーソナルビジネス協会
理事の西尾順です。

問題解決で使われる考え方の一つに
「空、雨、傘」というのがあります。

これは「目的思考」のことですが、

どんな問題でも、
問題を見つけたときのステップとして、

①「問題の状況を把握する」
②「解釈して改善案を考える」
③「結果が出そうなモノから行動する」

という流れになると思います。

これをグループに分けると下記のようになります。

<空> <雨> <傘>
(状況)   (解釈)   (行動)
事実に   状況に対する   解釈から
基づいた把握   自分なりの解決方法   導きだされる行動

最後の行動とセットで考えるのが
「具体的な手段」になります。

(空)状況が1つでも、
(雨)解決方法は1つとは限りません。

解決までのストーリー(物語)として、
(雨)解決方法と
(傘)手段が多くても
行動はひとつです。

ストーリーを考える。
空:なぜその問題があるのか?証拠は?
雨:それは、●●だから問題が起こった。関連性は?
傘:具体的にはどうしたらいいの?詳しく教えて?
      ↓
HTD:手段と行動を決める。

クリエイティブ社長の方は、
「空、雨、傘」というイメージを思い出しながら
問題を考えると面白いですね。

————————–————————–
日本パーソナルビジネス協会
理事/企業顧問
西尾 順 / Jun Nishio

Amazonで販売中!
『クリエイティブ社長のための会社経営入門』
無料プレゼント!
https://jpb.or.jp/nishio-jun/

西尾「デザイン力×経営力」の教科書_amazon

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

single