【JPBA西尾】名探偵「シャーロック・ホームズ」消去法でシンプルに考える

【コラム記事】

名探偵「シャーロック・ホームズ」の言葉

消去法でシンプルに考える


こんにちは。

日本パーソナルビジネス協会
理事の西尾順です。

今日はアーサー・コナン・ドイル
推理小説『シャーロック・ホームズ』の言葉から

いつも気にしている言葉をご紹介したいと思います。

 「全ての不可能を消去して、
  最後に残ったものが
  いかに奇妙な事であっても、
  それが真実となる」
 
小学校の時から大好きだった
シャーロック・ホームズですが、
この言葉は今でもよく思い出します。
 
どんなにあり得ないと思っていても
【消去法】で答えが出るというものです。
 
必要以上に仮設を建てても、意味がない。
迷ったときは、シンプルなほうを選ぶ。

という「オッカムの剃刀」の話にも
似ているのですが、

 

昨日「営業の行き方を教えて欲しい」
という相談がありました。

40代の彼は起業して1年目とはいえ、
法人営業の経験もある優秀な人です。

たぶん、初めてのことで
パニックになっているんだと思います。

そんな彼の質問は・・

「何を準備したらいいの?」

「何をゴールにしたらいいの?」

営業の仮説と具体的な行動がわからない。
というものでした。

 
話しを聞きながら、
ふとホームズの言葉を思い出しました。


「自分がたとえ
 信じられなくても、
 シンプルに

 お客さんが必要な物であれば
 何でも良いのになぁー」

ホームズの言葉は頭の中で
なぞりながら、
彼の営業の話を聞いてました。


そういえば・・・20代の時、
デザインの仕事を選んだのも

この言葉がきっかけです。

それは次回お話ししたいと思います。


彼と2時間ほど話をして、
最終的には
「知ってます」って
話だったので、
「よかったね」と言って別れました。

できる、できないということよりも、
やってないから不安だったのかも知れません。

そして、
今の彼に必要なのは、自分を信じることではなく、
「お客さんのために必要なことを考える」
ことかも知れませんね。

————————–————————–
日本パーソナルビジネス協会
理事/企業顧問
西尾 順 / Jun Nishio

The following two tabs change content below.
JPBA理事 西尾順
一般社団法人日本パーソナルビジネス協会(JPBA)理事/企業顧問。株式会社クールアンドクレイジー 代表取締役。これまで約5000人のリーダーの悩みを聞き、相談を伺う。多くのリーダーは「人・組織」と「経営」の2つの課題で悩んでいることに気づく。「人の課題」を解決するために、2015年から脳外科医の篠浦伸禎医師に師事を仰ぎ、脳から見た人間の成長や教育について勉強する。「組織と経営の課題」を解決するために、2008年から当協会代表理事のである親川政明氏に師事を仰ぎ、企業の組織成熟度に合わせた経営課題解決を学ぶ。著書に『会社経営入門「デザイン力×経営力」の教科書』がある。【Amazon】https://amzn.to/2kwkp46

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム