専門と大学で講師やってました!

【専門と大学で講師やってました!】
教えることを本気で目指す

こんにちは。
日本パーソナルビジネス協会
理事の西尾順です。

10年ほど前になりますが、ある専門学校と大学ゼミで
講師をやってました。

何を教えてたかと言うと、
「デザイン企画とプレゼン」です。

専門学校は約5年、
大学では約3年になります。

専門学校から講師の依頼をされたとき、
まず一番最初に考えたことは・・

学生にとって【一番大事なこと】は何かな?
ってことです。

それは、やはり「就職」です。

「もし、自分が教えるなら普通の学生を世に送り出しても意味がない」
っといろいろと考えてました。

最終的には、大学で教えている
マーケティングの教授に話を持って行き、
専門学校と大学との共同プロジェクトとして、
2つの学校をつないで授業を教えていました。

目標は、2年間の授業で、
学生が頭を下げて就職するのではなく、
会社が頭を下げて学生が就職先を選べること。

下記は、伝説の西尾の授業カリキュラムです。

なぜ伝説かというと、就職率が上がったけど、
短い期間しかできなかったからです。

<大学&専門コラボ授業カリキュラム> 

1年生の授業は・・・
●前期「自分の会社を創る」
●後期「売れない商品を探して売れるブランドにする」
 
2年生の授業は・・・
●前期「グループワーク」
 専門学校と大学とNPOのコラボ授業として、
 ソーシャルプロダクトを売る企画提案
●後期「各自卒業制作」


<ストーリーとしては・・・>

高校卒業したばかりの18歳の子が、
自分の会社を創ることで、会社で必要なモノをデザインし、
「自分とは何か。会社とは何か。経済とは何か。」という社会と繋がる接点を考え、
(消費者目線として)普段から売れないと分かっている商品を、
自分のアイデアとデザイン力で、企画書に落とし込んで、
(消費者目線として)売れそうな商品に変えて、
売れていない企業に自分でアポを取って、プレゼンする。

フリーランスでもやっていけるサバイバル力を身につける。

そして、1年後、1人で、アイデア、デザイン、マーケ、企画、アポ、プレゼンができるようになったら、
次は、グループで「違う意見」の人と協力して一つのモノを作っていく経験をする。

グループワークを通して、自己主張と多様性、コミュニケーション力を身につけ、
社会で活躍できる人材になるというストーリーです。
 
2010年から約5年間、教育現場を体験した結果として
教え子の80%は一部上場企業や有名デザイン会社、メーカーなど、
本人が望んだ以上の企業に就職することができ、
無事に授業を終えることが出来ました。
 
多くの教え子は、
「好きなイラストだけ書きたい」
「グループは嫌だ」
「デザインが分からない」っと
泣きながら課題をやっていましたが、
最後までよくついてきてくれました。
 
何年か前に、卒業生と忘年会をしたら、
みんなしっかりと仕事をしていて、
立派な姿に安心したのを覚えています。
 
※写真2012年1年生のプレゼンシーン。

————————–————————–
日本パーソナルビジネス協会
理事/企業顧問
西尾 順 / Jun Nishio

Amazonで有料販売中の
西尾順 著書
『クリエイティブ社長のための会社経営入門』
&トップ営業メルマガ講座を無料プレゼント!
<無料で受け取る>
https://jpb.or.jp/nishiojun_lp/

————————–————————–

The following two tabs change content below.
JPBA理事 西尾順

JPBA理事 西尾順

JPBA理事/経営幹部リーダー育成・企業顧問一般社団法人 パーソナルビジネスビジネス協会
一般社団法人日本パーソナルビジネス協会(JPBA)理事/経営幹部リーダー育成・企業顧問。株式会社クールアンドクレイジー 代表取締役。これまで約5000人のリーダーの悩みを聞き、相談を伺う。多くのリーダーは「人・組織」と「経営」の2つの課題で悩んでいることに気づく。「人の課題」を解決するために、2015年から脳外科医の篠浦伸禎医師に師事を仰ぎ、脳から見た人間の成長や教育について勉強する。「組織と経営の課題」を解決するために、2008年から当協会代表理事のである親川政明氏に師事を仰ぎ、企業の組織成熟度に合わせた経営課題解決を学ぶ。著書に『会社経営入門「デザイン力×経営力」の教科書』がある。【Amazon】https://amzn.to/2kwkp46

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

LINE@、メルマガにて次回の講座情報や
経営コラム記事の更新をお知らせします。


友だち追加

経営力1Day講習はこちら

講座に参加する!