【JPBA西尾】2020年は「自走型組織」元年《自ら課題発見と能動的仕事とは・・・》

【コラム記事】

2020年は「自走型組織」元年

《自ら課題発見と能動的仕事とは・・・》


こんにちは。
日本パーソナルビジネス協会の理事
経営幹部リーダー育成の専門家
企業顧問の西尾順(Nishio Jun)です。

本日は「得たいモノを得たい」について
話そうと思います。


わたしは、30歳のときに約5年ほど専門学校で
「デザインと企画」の講師をしていました。

もともとデザイナーだったわたしは、
企画とデザイン、ビジネスの話ができるということで
学校側から講師依頼されたのがキッカケでした。

その後、この講師生活の中で、
都内大学のマーケティング学科教授に企画提案して、
大学のマーケティン科ゼミと
専門学校のデザイン科で合同授業を行い、
【社会的問題を解決する商品】の企画デザイン
約3年ほど行っていました。

これは、日本ではじめての取り組みとして
たくさんの方から応援をいただいた
大きなプロジェクトになりました。


こうして講師になったのですが、
講師・先生として学校で教えていると
必ず、学生に対して「課題」というものを出します。


この課題は、学生を成長させるステップとして、
わたしが課題を出すように、わたし自身も学生時代
同じように先生に課題を出されてきました。


余談ですが、デザイン科の課題というのは、
一般的な大学とは違い、具体的にカタチある物を
「見る、触る、考える、作る」がセットになります。

ですから、1枚1万円の和紙を買って、
鉄線描(てっせんびょう)という鉄の線のような細い線で
「百合の花」を描いたり、1日3時間、石膏像の前で座って
ひたすらデッサンをしたり、1枚の絵を観るために
2時間かけて美術館に行ったりと、とにかく頭で覚えるよりも、
体で覚えることを求められます。

体で覚えたことは一生使える技術として、
卒業後、スーパー職人、プロフェッショナルとして
活躍するための課題が多くを占めています。

ちなみに、1枚1万円の和紙は、失敗すると
また1万円で買うため、集中力と感覚が途切れないように、
B3用紙に何時間もかかりながら、1つの線を描きます。


このように、お金も時間も掛かり、
精神的にも追い詰められながら
4年間、課題をやってきたおかげで、
今、こうやって「知識や技術」が
手に入ったと思っています。

学生時代の先生方には本当に感謝しています。


しかし、わたしが学生時代とは違い、
時代の変化と同時に、「課題」に対しての
考え方が変わってきました。


学生からの視点で「この課題は意味が無い」と思うものは、
「課題をやらない」という選択が出来る傾向があります。


わたしが学生時代に、
同じ課題を同じようにやってきた者として
「もったいないな」って思いますが、
「正直そんなにやりたくないなら仕方がないな」とも
思ってしまいます。


彼らが求めている授業とは・・・

・欲しい価値がすぐ手に入るもの
・お金がかからないもの
・動かないですぐに手元に届くもの
・困った時に助けてくれる人脈
・いつのまにか天から降ってくる自信
・好きなことを自由にやらせてくれる未来

もしも、
学生がこの逆をやれば

・時間をかけて手に入る、一生使える価値
・お金をかけて画材・教材を買う、自己投資
・動いて手に入れる、行動力
・困った時に助け合える人脈
・自ら手に入れた自信
・不自由でも好きなことをやり続けられる未来


これは、学校教育で起きていることだけではありません。


会社の中でも同じ事が起きています。


しかし、給料や金銭、法律が絡んできますので、

学生とは違い、もっと難しい問題です。

やり過ぎれば、今の時代、
パワハラやブラック企業になってしまいますし、
本人任せておけば、本人も成長しませんし、
会社の業績も上がりません。

リモートワークが主流になると、
ますますマネジメントが難しくなります。


人は、「得たいモノを得たい」ですし、
主体的にしろ、受動的にしろ、
人生を自ら選んでいます。


本人が望まなくても、時間で縛ったり、
単に給料などで社員にやる気を出さる、
旧来の「管理型の組織作り」が終わりに近づいています。

これからは、自主的に勉強したい、仕事したい。
「そもそも、なぜ私はこの仕事をしているのか」という
会社の理念と個人の理念の融合で内発的動機付け
起こす必要があります。

そのためにも、経営者や管理職の意識を変え、
《自立自走できる強い組織》が必要です。

コロナの影響で世界は一変してしまいました。
2020年は、
社員の自立「自走型組織」元年
なのかもしれませんね。

今日もありがとうございました!

p.s.


次回のセミナーは・・・

2020年4月28日(火)14:00〜 @中目黒

オンライン2020年4月28日(火)開催【「がんばろう!日本」応援キャンペーン】経営幹部リーダー育成オンライン講座

 


【読者限定メルマガ】に登録するとPDFもらえます。
経営力の教科書(西尾)

今すぐ下記をクリック
PDFをダウンロードする

https://support-jp.com/p/r/DHtormUs
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



お知らせ

「デザイン力×経営力の教科書」 1,628円 → 無料プレゼント!

※書籍をダウンロードされた方に、
シークレットのランチ会や勉強会のご案内をお送りしています。

↓↓↓↓
https://jpb.or.jp/nishio-jun/


Podcast「ビジネス100の視点」

ビジネスパーソン向けラジオ番組
↓↓↓↓
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/id1488260345

————————–————————–
日本パーソナルビジネス協会
理事/企業顧問
西尾 順 / Jun Nishio

【AMAZON販売ページ】
著書『会社経営入門「デザイン力×経営力」の教科書』
¥1,628(税込:同等品のPDFをこのページにてプレゼント中)
https://amzn.to/2V6al1u

【PDFプレゼントページ】
https://jpb.or.jp/nishio-jun/

【著者執筆 経営コラム】
https://jpb.or.jp/category/ceo_all/nishiojun/

【講師プロフィール】
https://jpb.or.jp/staff/nishio/

【個人Facebook】
https://www.facebook.com/crazynishio

西尾「経営力の教科書」

The following two tabs change content below.
JPBA理事 西尾順

JPBA理事 西尾順

JPBA理事/経営幹部リーダー育成・企業顧問一般社団法人 パーソナルビジネスビジネス協会
一般社団法人日本パーソナルビジネス協会(JPBA)理事/経営幹部リーダー育成・企業顧問。株式会社クールアンドクレイジー 代表取締役。これまで約5000人のリーダーの悩みを聞き、相談を伺う。多くのリーダーは「人・組織」と「経営」の2つの課題で悩んでいることに気づく。「人の課題」を解決するために、2015年から脳外科医の篠浦伸禎医師に師事を仰ぎ、脳から見た人間の成長や教育について勉強する。「組織と経営の課題」を解決するために、2008年から当協会代表理事のである親川政明氏に師事を仰ぎ、企業の組織成熟度に合わせた経営課題解決を学ぶ。著書に『会社経営入門「デザイン力×経営力」の教科書』がある。【Amazon】https://amzn.to/2kwkp46

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

LINE@、メルマガにて次回の講座情報や
経営コラム記事の更新をお知らせします。


友だち追加

経営力1Day講習はこちら

講座に参加する!