西尾順の対談シリーズ01

【西尾順の対談シリーズ01】
インタビュー:「写ルンです」
開発者:田中 央(たなか・よう)

こんにちは。
日本パーソナルビジネス協会
理事の西尾順です。

今日は、インタビューした方を
ご紹介をしたいと思います。


インタビュー:「写ルンです」
開発者:田中 央(たなか・よう)
 
気になる人がいたら、
「多少失礼でも話を聞いた方がいい!」
「好奇心と失敗は若者の特権だよ」と
普段から学生や20代の方には言っていますが、
そのキッカケとなったのが、この方との出会いです。
 
10年ほど前になりますが、
父親の遠い知り合いだった田中さんの話を父から聞いて、「どうしても話を聞きたい!」っと思い、衝動的にメールしたのがインタビューのキッカケです。
 
急にアポを取ったので、「アポイントは紹介者を通すものだよ」と田中さんには少し怒られましたが、若輩者の僕のために、快く時間を作ってもらいました。
 
当時、田中さんにいろいろと質問をしましたが、今でも覚えているのは、「写ルンです」の開発秘話です。
 
<開発>
〜田中さん〜
「写ルンです」を開発するときに、
一番こだわったのは・・・
単なる消費ではなく、社会で循環すること。
 
作って、売って、捨てる。ではなく、
作って、売って、リサイクルして、売ること。
  
地球環境に優しいプロダクト製品を作りたかった。
 
<モノよりコト>
機能だけのモノづくりは意味がない。
モノの後には必ずコトがある。
 
機能性、合理性、効率性、
道具や機械、そして、環境までも
行きすぎると機能表現ありきになりやすい。
 
あくまでも大事なのは「人」であり、
人の個性を尊重して、
その先の情緒を考えることが肝心です。
  
その後、田中さんからは、
今の韓国の財界トップにアドバイスした話で、
「日本を超えるにはどうしたらいいか」という質問に。
「即断即決です。本社に持って帰らせないことが大事です」と答えた話や、青森での地域振興の話、経営者としての心得を教えてもらいました。
 
帰り際には、ランチまでご馳走になり、
工学博士で東大や京大でも教えている方でしたが、
少し強引でも「話を聞いてよかったなぁ」って思えた人です。
 
そして、この知識や想いを後輩に繋いでいくのが、私の役割なんだと感じました。

————————–————————–
日本パーソナルビジネス協会
理事/企業顧問
西尾 順 / Jun Nishio

Amazonで有料販売中の
西尾順 著書
『クリエイティブ社長のための会社経営入門』
&トップ営業メルマガ講座を無料プレゼント!
<無料で受け取る>
https://jpb.or.jp/nishiojun_lp/

————————–————————–

The following two tabs change content below.
西尾順

西尾順

日本パーソナルビジネス協会(JPBA)理事/企業顧問。株式会社クールアンドクレイジー 代表取締役。S-BRAIN脳活用普及協会(S-BRAIN)理事。 理念「ビジネス、教育で社会を豊かにしたい経営者や企業と共に、子どもの可能性を最大限に開く社会づくり」を目指す。2007年に企業ブランディングとデザインの会社「株式会社クールアンドクレイジー」を設立。その後、5年間にわたり教育の現場として専門学校と大学で「企画デザイン・商品開発」の講師として教鞭を執る。日本のデザイン教育を世界へ輸出し、女性の活躍の場をつくるため構想10年かけて女性のためのデザインスクールとデザイン会社を同時に創立。その後、女性経営者に譲る。世界的な脳神経外科医師の篠浦伸禎氏に師事。脳科学から見た人の健康と教育について学ぶ。現在は、企業顧問としてデザイン、ブランディング、プランニング、営業、リーダー、帝王学、脳科学、教育学、経営学を使って「未来に向かう経営者の経営ビジョン」を多角的視点から助言している。

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム