差別化の方法はお客さんが知ってる

宣伝する時、ご自身のお店のホームページで
宣伝するとしたらどんな内容しますか?

 

 

よく見かけるのは

「肩こりにきく」

とか

「あなたの疲れが取れる」

などですよね。

 

 

でもこれだとなかなか予約は増えづらいだろうなって印象を受けませんか?

 

 

 

 

なぜかというといえば
他のお店との違いがわかりづらいからです。

 

 

 

情報が溢れているこの時代に、
あなたのお店だから行きたいと思わせない集客は難しいです。

そう思わせるためには、他のお店と違う何かを伝えなければいけません。

 

 

 

では、具体的に何をすればいいのでしょうか?

 

 

 

あなたのお店を何かに特化させるということが
一つの手段としてあります。

 

 

サロンであれば一般的にあるフルボディーマッサージではなく、
一部分を専門としたお店にしたりする必要があります。

例えば

ふくらはぎを専門としたマッサージサロンで
むくみを劇的に解消する上、立ち仕事の疲れを一気に取ることができる

 

 

というサロンがあると、

 

 

普通のフルボディーマッサージよりも
具体性や効果がすぐイメージ出来るので行きたくなりますよね。

 

 

 

そのためには、お客さんの悩みにフォーカスする必要があります。

 

 

だからこそ、ペルソナを決めることが必要になります。

 

 

そうすることで、
差別化しやすくなります。

 

 

 

つまり、差別化をするヒントは
お客さんを決めることから始まるのです。

 

 

 

 

そもそもどんなお客さんを決めればいいのか?
わからないという方は

試しで友達や知り合いに受けてもらい

 

 

 

「これがこうだったらいいのにな」
「こんな人におすすめかも」

 

 

 

という意見を聞き

決めることがおすすめかも知れません。

 

 

 

 

ペルソナを作るワークは
こちらの記事を参照してみてください。
Googleを使ったペルソナの作り方

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

9月19日にセミナーを開催いたします。
ご興味のある方はぜひ!!

あなたの強みを最大化し、価格を上げても選ばれる
「セルフブランディング・高単価セールス」
JPBAオープンカレッジセミナー

https://jpb.or.jp/blog/seminar20180919/

The following two tabs change content below.
アバター
JPBA認定講師商品設計&セールスアドバイザー 1984年生まれ。北海道浦河出身。東証1部上場の電子顕微鏡メーカーにて、日本人で初めてフェラーリをデザインした方の設計責任者を経験。新規開発及び設計に従事(特許1件あり)。 2006年、地元である北海道浦河の過疎化を目の当たりにして、この現状をどうにかしたいと考え、地域の活性化とデザインとの組み合わせで地方活性を模索し、2015年、「地方の活性化」を理念にワンズラインを設立。代表に就任。同年、デザインスクール事業を開始。 2018年、地方をもっと活性化するために「地方を世界へ」をコンセプトに「ワンズライン合同会社」を設立。地域の魅力を世界に届けるためにWebブランディング事業を開始。 現在は個人の理念である「地域社会の発展」に貢献するためにワンズライン合同会社の経営と個人事業主向けに経営コンサルティング事業を行っている。

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム