経営ステージによって脳の使い方が違う

【経営ステージによって脳の使い方が違う】

こんにちは。
日本パーソナルビジネス協会
理事の西尾順です。

人には、様々な性格や個性がありますが、
脳から見ると、それは脳の使われ方とも言えます。

・統率力社長タイプ(左脳3次元)
・職人力社長タイプ(左脳2次元)
・親分肌社長タイプ(右脳3次元)
・チーム力社長タイプ(右脳2次元)
 
言葉や行動とは、
いつも使っている脳の血流が多い場所で、
習慣化しているところが性格となって出ます。
 
特に、社長やリーダーをしている方は、
その地位に行くまで、下積みから
努力して勝ち得た強烈な「成功体験」があるので、
その勝ちパターンをなぞってしまいます。
 
ですが、
 
企業の売上、スタッフや社員の数、
具体的な戦略や戦術に落としたときの展開方法など、
ビジネス環境、経営ステージによって
必要となる脳の使い方は変わっていきます。

いつもの勝ちパターン(成功体験)が使えない場合
 
まずは自分自身の「社長力タイプ」を知り、
リーダーとして、一つ上のステージを上げた脳の使い方をする必要があります。

添付した図は、篠浦先生が雑誌『プレジデント』で
特集を組まれたときの内容をまとめたものになります。

ご自身がどのタイプなのか分からない場合は
簡易版のテストがあります。

ご連絡いただければPDFをお渡しいたします。

————————–————————–
日本パーソナルビジネス協会
理事/企業顧問
西尾 順 / Jun Nishio

Amazonで有料販売中の
西尾順 著書
『クリエイティブ社長のための会社経営入門』
&トップ営業メルマガ講座を無料プレゼント!
<無料で受け取る>
https://jpb.or.jp/nishiojun_lp/

————————–————————–

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

single