【JPBA西尾】タイミングをつかむ人、のがす人/理念経営のはじめ方

【タイミングをつかむ人、のがす人】

こんにちは。
日本パーソナルビジネス協会
理事の西尾順です。

世の中には、一度のチャンスやタイミングを
「上手くつかめる人」

毎回チャンスやタイミングを
「のがす人」がいます。

企業顧問という仕事をしていると、
有力者と言われる方にお会いすることがあります。

例えば、一部上場の重役、経営者、会長、
業界では有名な方、大学教授など
年配の重鎮と言われるような方です。

彼らの共通点として、
次の世代へバトンを渡すために
自分の経験を受け継ぐ人を探しています。

しかし、誰でもいいわけではありません。

自分が認めた人でなければ
せっかくの経験が無になってしまいますし、
人をだますような
悪いことに使われたら意味がありません。

なので、必ず相手の力量を試すために
大事なことをポロッ話して試してきます。


さも大事な話でないように

普通の会話と会話の間に話をします。

そのポロッとした話を
タイミングよくつかめる人は、
次のチャンスをもらえ、
つかめなかった人は、
そのまま流されていきます。

もしかすると、試すというよりは
照れ隠しもあると思います。

「私、これから大事な話をするからね」
と言って話すのは恥ずかしいので、ポロッと話をする。

そして、ちゃんと流されていくのを見ると
「ああ、まだ経験を受け継ぐ人じゃないのかぁ」と
思っていると思います。

「メモでも取ってくれるといいな」と
思いながら「流されるのを見送る」切ないですね。

例えば、年配の会長が、
若手の社長に対して
よく見かける会話です。

会長「前に話したアレってやってみた?」
社長「え、やってません」
会長「やったほうがいいと思うよ」
社長「え、やれって言うことですか?」
会長「いやいや、そういうわけじゃないけどね」
社長「大事な話ならちゃんと行ってくださいよ」
会長「いつやってもいいからやってみてね」
社長「(渋い顔)はぁー、わかりました)

その後、
結局はやらないのでチャンスを逃すか
失敗してしまいます。

しかし中には、
タイミングよくつかんでくる人もいます。

これは、センスなんでしょうか。
そんな人に出会うたびに「すごいな!」と
感心してしまいます。

会長「この間の話ってやってみた?」
社長「はい。調べたら●●だったので、
   もっと調べて、●●でやったら上手く行きました!」
会長「やってよかったね」
社長「ありがとうございます。
   会長の話はすぐに実行してます」
会長「少ししか話してないのにすごいね。」
社長「(目がキラキラ)はい。また教えてください」

そういった方は、人脈も広く、
その後、どんどん売上を上げて
ライフスタイルが変わっていきます。

反面教師ではないですが、
つかめない人を見ると
こちらも勉強になります。

————————–————————–
日本パーソナルビジネス協会
理事/企業顧問
西尾 順 / Jun Nishio

Amazonで販売中!
『クリエイティブ社長のための会社経営入門』
無料プレゼント!
https://jpb.or.jp/nishio-jun/

西尾「デザイン力×経営力」の教科書_amazon

The following two tabs change content below.
JPBA理事 西尾順

JPBA理事 西尾順

JPBA理事/経営幹部リーダー育成・企業顧問一般社団法人 パーソナルビジネスビジネス協会
一般社団法人日本パーソナルビジネス協会(JPBA)理事/経営幹部リーダー育成・企業顧問。株式会社クールアンドクレイジー 代表取締役。これまで約5000人のリーダーの悩みを聞き、相談を伺う。多くのリーダーは「人・組織」と「経営」の2つの課題で悩んでいることに気づく。「人の課題」を解決するために、2015年から脳外科医の篠浦伸禎医師に師事を仰ぎ、脳から見た人間の成長や教育について勉強する。「組織と経営の課題」を解決するために、2008年から当協会代表理事のである親川政明氏に師事を仰ぎ、企業の組織成熟度に合わせた経営課題解決を学ぶ。著書に『会社経営入門「デザイン力×経営力」の教科書』がある。【Amazon】https://amzn.to/2kwkp46

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

LINE@、メルマガにて次回の講座情報や
経営コラム記事の更新をお知らせします。


友だち追加

経営力1Day講習はこちら

講座に参加する!