【JPBA西尾】デザイン経営的視点03:選択と集中で価値をつくる《商品力とブランド力を上げる》

【コラム記事】

デザイン経営的視点 03

選択と集中で価値をつくる

《商品力とブランド力を上げる》


こんにちは。
日本パーソナルビジネス協会
理事の西尾順です。

今週は、「デザイン経営」について
書いていますがいかがでしょうか?

過去の記事も合わせてお読みください。
《「デザイン経営」シリーズ》

|デザイン経営的視点 01
|どんな商品も「少し」は売れる
https://wp.me/pa3o7Q-2bh

|デザイン経営的視点 02
|そもそも赤字の会社は存在しない
https://wp.me/pa3o7Q-2bU

さて、3日目の今日は、

商品力やブランド力を上げるための
選択と集中についてお話ししようと思います。

デザイナーとして、デザインを依頼されるとき、
大きく分けて2つの理由があります。

① 新商品のデザイン
② 商品リニューアル

そこで要求されるのが

《デザイン力やブランド力の強化》

をすることです。

今ある商品のデザインを
リニューアルする仕事は良いのですが、

一番問題が多い、または、困るのが、
「新商品」をデザインするときです。

新商品を展開するときに、
こちらも大きく分けて
2つのパターンに分かれます。

① 前々から予定していた予算のあるパターン
② 社長の思いつきで決まった予算のないパターン

①の場合は、予算もあり、スケジュールも決まっているので、
ある一定のクオリティをデザインできて、
納品が出来ればオッケーという仕事です。

しかし、②の場合が大変です。

よくある例として、
こんな社長さんから依頼が来ます。


<アイデア豊富な社長さん>

人は悪くないのですが、
とにかく何にでも手を出します。

たくさん手を出しすぎて
メイン商品も、メイン事業もよく分かりません。
(いちを本人の中ではメインとサブがあります)

思いつきで仕事が決まるので、
予算もないですし、コンセプトも不明確で、
スケジュールもタイトということが多いです。

その他にも共通点として、

・大きな儲かる仕事を思いつく。追いかける
・少しやってみて、上手く行かなくなると止める
・1つに絞らないので、お金も時間も分散する
・お金がなかなか入らないで、困っている
・少額でも早くお金が入る仕事を掛け持ちしている
・いろいろと借金をするか、預金を切り崩している

この中で、一番重要なのが、

「1つに絞らないので、
 お金も時間も分散する」

というのが重要です。

アイデア豊富ということは、裏を返せば、
気分や思いつきで、仕事をしている
子どものような自由な発想がある方です。

そして、そういった自由な方は、
共通して「力が分散している」イメージがあります。

いくら商品を作っても、
ブランドを作っても、
力が分散しては売上は上がりません。

どうしても商品価値を理解してもらい、
お客さんに商品が浸透するまで
時間がかかります。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

そして、もう1つ理由があります。

それは、1つに絞らないとブランド展開として
お客さんとのコミュニケーション難しいという点です。


新商品・新サービスを作る際に、
必ず行うのが、商品の周辺にいる人々の
行動観察から問題を発見することです。

売っているお店やサイト、販売されている棚やコーナー、
お客さんのタイプ、商品の使いやすさ(ユーザビリティ)、
不満、不安、もっとこうしたい、こんな時に欲しい、など、
なるべく多くの情報を収集します。

中でも良くやる方法が、競合商品のデザインを
パーツごとにバラバラにしていきます。

この分析方法を「デザインエレメンツ分析」とか
「グラフィックエレメンツ分析」などと呼んでいます。

例えば、3つの商品があるとします。

1)高級商品
・製品名ロゴ×2
・シンボルマーク×1
・機能表示×1
・製品写真×1
・注意書き
・シリアルナンバー
・リサイクルマーク×2

2)一般商品
・メーカーブランドロゴ×1
・メーカーブランド名×1
・商品機能・成分説明×5
・商品グラフィック×1
・品質表示、注意書き、連絡先、販売元
・リサイクルマーク×2

3)低価格商品
・ブランドロゴ×6
・商品名×6
・種類別商品名(無糖/ブラック)×2
・種類別(無糖)×2
・種類別(ブラック)×2
・種類別英語表記×1
・キャッチコピー×4
・産地名コピー×4
・保存状態×2
・商品機能・成分説明×5
・商品グラフィック×1
・品質表示、注意書き、連絡先、販売元
・リサイクルマーク×2

こうやって比較すると分かるように
ブランド価値の違いによって
情報の量が変わってきます。

ブランド価値が高い、買う人を選ぶ商品は、
シンプルで、情報も少ないのが特徴です。

逆に、たくさんの人に手に取ってもらう商品は、
情報量も多く、キャッチコピーなど
より手に取ってもらいやすくする必要があります。

デザインする際に、
この企業は、どういう立ち位置で
お客さんとコミュニケーションをしたいのか、
お客さんにどんな価値を届けたいのか、
どんな未来へのメッセージがあるのか、

このように、ただデザインするのではなく、
ブランド展開をする際にも【1つに絞る】必要があります。

先ほどもお話ししましたが、
カンタンに儲かる商品なんてありません。

1つに絞り、
商品力とブランド力を上げるために集中する。

そうやって時間をかけて、商品をつくり、
ブランドを育てるからこそ、
他社からの参入障壁が高くなり、
企業の競争力向上につながります。

デザイン経営とは、
「企業の戦略」と
「デザインやブランドの戦略」を
1つにするための
選択と集中することなのかも知れません。


今日の内容について・・・
コラムでは書けない「裏話」
明日、3/12のメルマガでお伝えします。

ご登録お待ちしております(電子書籍付き)

https://support-jp.com/p/r/DHtormUs
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


次回、「デザイン経営的視点 04」は
「中小企業が手を出す魔物」をお伝えしたいと思います。


お知らせ

「デザイン力×経営力の教科書」 1,628円 → 無料プレゼント!

※書籍をダウンロードされた方に、
シークレットのランチ会や勉強会のご案内をお送りしています。

↓↓↓↓
https://jpb.or.jp/nishio-jun/


Podcast「ビジネス100の視点」

ビジネスパーソン向けラジオ番組
↓↓↓↓
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/id1488260345

————————–————————–
日本パーソナルビジネス協会
理事/企業顧問
西尾 順 / Jun Nishio

【AMAZON販売ページ】
著書『会社経営入門「デザイン力×経営力」の教科書』
¥1,628(税込:同等品のPDFをこのページにてプレゼント中)
https://amzn.to/2V6al1u

【PDFプレゼントページ】
https://jpb.or.jp/nishio-jun/

【著者執筆 経営コラム】
https://jpb.or.jp/category/ceo_all/nishiojun/

【講師プロフィール】
https://jpb.or.jp/staff/nishio/

【個人Facebook】
https://www.facebook.com/crazynishio

The following two tabs change content below.
JPBA理事 西尾順

JPBA理事 西尾順

JPBA理事/経営幹部リーダー育成・企業顧問一般社団法人 パーソナルビジネスビジネス協会
一般社団法人日本パーソナルビジネス協会(JPBA)理事/経営幹部リーダー育成・企業顧問。株式会社クールアンドクレイジー 代表取締役。これまで約5000人のリーダーの悩みを聞き、相談を伺う。多くのリーダーは「人・組織」と「経営」の2つの課題で悩んでいることに気づく。「人の課題」を解決するために、2015年から脳外科医の篠浦伸禎医師に師事を仰ぎ、脳から見た人間の成長や教育について勉強する。「組織と経営の課題」を解決するために、2008年から当協会代表理事のである親川政明氏に師事を仰ぎ、企業の組織成熟度に合わせた経営課題解決を学ぶ。著書に『会社経営入門「デザイン力×経営力」の教科書』がある。【Amazon】https://amzn.to/2kwkp46

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

LINE@、メルマガにて次回の講座情報や
経営コラム記事の更新をお知らせします。


友だち追加

経営力1Day講習はこちら

講座に参加する!