fbpx

【JPBA西尾】左脳と右脳とでは「未来の捉え方」が違う《人を未来に動かす法則》

【コラム記事】

左脳と右脳とでは「未来の捉え方」が違う

《人を未来に動かす法則》


こんにちは。
日本パーソナルビジネス協会の理事
経営幹部リーダー育成の専門家
企業顧問の西尾順(Nishio Jun)です。

本日は「人を未来に動かす・行動変容」について
話そうと思います。

5000人以上のリーダーや
経営者の方にお会いしてきて、
よく言われるのが、

「西尾さんと話すと前向きになれました」
「明日から少し挑戦してみます」

という言葉をいただきます。

今日は、なぜそんなことを言っていただけるのか
【タネ明かし】をしたいと思います。

ところで、
「センスのない冒険」というお話しを
皆さんはご存じですか?

この話が、今日の大事な軸になりますので、
知らない方のためにご紹介したいと思います。

<センスのない冒険>

「キリマンジャロを後ろ向きに登った人がいる」

ほぉーっと感心はするけど、感動する人はいない。
なによりも、マネをしたいという人が現れない。

本当の冒険とは、やった後に、
みんなが憧れて、追随して、最初に誰がやったのか
分からなくなる(パラダイムシフト、イノベーション)
これが冒険だ!

(または、芸術やビジネスなのかもしれない)

というお話しです。

この話を聞いて、「そうだよな」っと
言葉を何度も読み返してしまいます。

感心されても、感動しない。
憧れも、嫉妬もされない。
率先しても、追随されない。

パラダイムシフトもイノベーションも起きない。

そんな冒険は
右脳のわたしとしては、
絶対にしたくないなっと思ってしまいます。

さて、冒険や探検という言葉は
右脳の人が好む言葉なのですが、
言葉を少し整理すると・・・

冒険は、危険があることを前提に非日常を求める行動。
ハイリスクハイリターンを求めることです。

探検は、道の場所に足を踏み出して調査する行動。
知りたい、見てみたいモノを求めることです。

こうやって整理しても、やはり右脳が好きそうな言葉で、
左脳の人からすると、「う〜ん」と考えて
冒険よりも「リスクヘッジ」や「費用対効果」
考えてしまうと思います。

では、左脳の方には、なんて言ったら
同じ意味になるでしょうか?

わたしがよく使う言葉は
右脳の方には、海に一人旅、雑貨巡りのついで、ワクワク。
左脳の方には、部下を使った実験やマーケティング。
という言うとすんなり行動に移しやすくなります。

実験とは・・・
実行するために効果を試す
効果ある証拠を見つける

マーケティング活動であり、
成功の法則を見つけ出す作業です。

たとえ出来なくても、
プロセスや体験・経験を大事にする右脳と

出来ないことは最初からやらない。
プロセスよりも、目的のために、
最速最短で結果重視することを大事にする左脳とでは、

【未来への捉え方】が少し違うようです。

もちろん、しっかりとした目的を設定しないと
そもそも動く意味がないのですが、
出来ることがベースで行動を起こす左脳にとっては、
論理的には分かっているし、
やらないよりは、やったほうがいいのは分かっているが、
自分ができるか分からないから、
ひとまず保留にするという結果になるようです。

また、そういった方にも、
「自分がやる」というところでブレーキがかかるようなので、
《新人や部下にやらせてみる》という実験を提案すると、
それなら・・・っと行動したくなるようです。

ちなみ、右脳の方の場合は、
失うものが増える、または失うことで
前に進むことができるようです。

わたしはいつも、全体のお話しを聞いて、
なるべく本人が「本当に欲しいもの」を見つけて
提案するようにしています。

なぜかというと
時に人はメリットがあって

あえて動かないということをします。

生存するための「生きる戦略」とでも言ってもいいと思います。

もう少しで成功しそうになると、成功することを止めたり、
起業を止めたり、お金を手にすることをやめることがあります。

横道にそれますが、
こんな方がいました。

女性のデザイナーさんで、
フリーランスの方でした。

わたしはその方を無償で応援しようと、
いろいろと営業に行って、
年間を通して大きな仕事が決まり、
お金を手にしそうになったのですが、

急に断られてしまいました。

「なんで?」と理由を聞いてみたら
「旦那さんよりも収入が増えると困るから」
という理由でした。

「ああ、成功って人によって違うんだな」
「助けたい。から良かれと思ってしたことが
 逆に迷惑だったんだな」

っと反省したことがあります。

「人を未来に動かす」「行動変容」ということは、
「本人の合意なし」にしては行けないことです。

自分自身の世界観で物事を判断していたことに
大きく反省しましたし、
その後は、人を未来に動かす、という恐ろしさも
知ることができました。

その後は、
なるべくリーダーが「本当に欲しいもの」を提案し、
「YES」と言ったもののみ応援するようにしています。

次回のセミナーは・・・

 2020年4月28日(火)14:00〜 @中目黒

「経営幹部リーダー育成講座」です。

講師:西尾順(JPBA理事・経営幹部リーダー育成・企業顧問)
https://jpb.or.jp/seminar/covid-19-support_nishio/


【読者限定メルマガ】に登録するとPDFもらえます。
経営力の教科書(西尾)

今すぐ下記をクリック
PDFをダウンロードする

https://support-jp.com/p/r/DHtormUs
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



お知らせ

「デザイン力×経営力の教科書」 1,628円 → 無料プレゼント!

※書籍をダウンロードされた方に、
シークレットのランチ会や勉強会のご案内をお送りしています。

↓↓↓↓
https://jpb.or.jp/nishio-jun/


Podcast「ビジネス100の視点」

ビジネスパーソン向けラジオ番組
↓↓↓↓
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/id1488260345

————————–————————–
日本パーソナルビジネス協会
理事/企業顧問
西尾 順 / Jun Nishio

【AMAZON販売ページ】
著書『会社経営入門「デザイン力×経営力」の教科書』
¥1,628(税込:同等品のPDFをこのページにてプレゼント中)
https://amzn.to/2V6al1u

【PDFプレゼントページ】
https://jpb.or.jp/nishio-jun/

【著者執筆 経営コラム】
https://jpb.or.jp/category/ceo_all/nishiojun/

【講師プロフィール】
https://jpb.or.jp/staff/nishio/

【個人Facebook】
https://www.facebook.com/crazynishio

西尾「経営力の教科書」

The following two tabs change content below.
JPBA理事 西尾順

JPBA理事 西尾順

JPBA理事/経営幹部リーダー育成・企業顧問一般社団法人 パーソナルビジネスビジネス協会
一般社団法人日本パーソナルビジネス協会(JPBA)理事/経営幹部リーダー育成・企業顧問。株式会社クールアンドクレイジー 代表取締役。これまで約5000人のリーダーの悩みを聞き、相談を伺う。多くのリーダーは「人・組織」と「経営」の2つの課題で悩んでいることに気づく。「人の課題」を解決するために、2015年から脳外科医の篠浦伸禎医師に師事を仰ぎ、脳から見た人間の成長や教育について勉強する。「組織と経営の課題」を解決するために、2008年から当協会代表理事のである親川政明氏に師事を仰ぎ、企業の組織成熟度に合わせた経営課題解決を学ぶ。著書に『会社経営入門「デザイン力×経営力」の教科書』がある。【Amazon】https://amzn.to/2kwkp46

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

LINE@、メルマガにて次回の講座情報や
経営コラム記事の更新をお知らせします。


友だち追加

経営力1Day講習はこちら

講座に参加する!